シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
もってけ!ドロボ〜!

てんちょうです。

今おみせでは500円以上の本が全部半額!という
もってけドロボーセールを行ってます★

そして、私達の私物フリマもやってますので
是非、見に来てくださいませ♪

アメリカではThanks giving という祝日も終わり、
どうやらホリデームード。。。
こないだ21世紀になったなぁと思っていたら
もう2010年ですが、

え???

10年も前の事がまるで去年のようですけど?!

もしかするとだまされているのではないか、と思う
今日この頃。

ヨガ哲学ではこの世はmaya(幻想)であると
言い張ります(笑)。
あなたが見ているもの、私が見ているもの、
全て幻想。
まあ、でも結局何が真実かはわかりませんもんね。
全てが幻想であればいいなぁと思うこともあります。

それはそうと最近感動することが結構あるのが、
教えている英語の講座。

すぱるたをとってくださった生徒さんが
最初はいつも文章が、1行か、2行で
あんまり質問もさえないものが多いのに、
3週間や4週間を過ぎるとだんだん増えてくる・・・
早い人だと1週間で英語の
おしゃべりが増えてくる。

英語に対する勇気もどこからか、
沸いてきたみたいな、感じが見受けられることが多いです。

最初は皆さん
本当にいいわけだらけ(笑)。

あなたも、英語ができない言い訳ばかり
・・・してませんか???


ドキ?


正直なんでそんなに英語を話せないかを
言いたがるんだろう?と
クビをかしげる事も多いのです。

だって、話したいから改善しにきてるのは
わかってるんだけど・・・って(笑)。


いかに、英語が話せないか、をコンコンと語る人が
多いんですが、そんなことよりも、
何を楽しんでいるか、教えて!
なぜ英語を話したいのか考えてみよう〜
ということで
「できない」に向けていた目を
「できる」ということへちょちょっと方向転換していくわけです。

そうやってすこしずつ生徒さんが変わっていく姿を
見るのは本当に楽しい。

生徒さんの最新感想こちら

英語が苦手・・・って毛嫌いしてたのも、楽しいかも!
って思うだけでも大きなことではないですか〜

先ほど言いました、
できないって思うのも、実はmaya(幻想)だと
思うのです。
だったら、英語ができるmaya(幻想)でも
良いのではないでしょうか!

自分で自分が見たい世界を体現しまえばいいのです★
それが大きな核ですわ〜。

そんな風に英語感染されていく人が増えていますが、
2010年は大阪でも行います。

2010年1月30日から!
しかも土曜日!隔週!
これまで実現できなかったスケジュール♪

英語に言い訳の多い人、ウェルカムですよ〜◎

大阪でスパルタでしごかれ、
楽しんで英語を学びたい方はこちら
(何か間違ってますか?)


The Power Of Now: A Guide To Spiritual Enlightenment
The Power Of Now: A Guide To Spiritual Enlightenment
Eckhart Tolle

英語だって、「今」に集中することが大事なんです。
なんでも、「今」に生きることが大事。
毎日毎日私はそれを忘れます。
でも、毎日毎日、「今に生きなきゃ」って
呪文のように唱えてます。
この本が言うように
「今の力」ってあるとおもう。

今に全ての心と神経を集中することって
世界が広がる。
「考える頭の雲」を取り払って
今のこの瞬間の気持ちに集中する・・・。

口では簡単だけどね〜
| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鮮度を保とう
てんちょうです。

知っている人は知っているけど、
私の人生は変化が多い。

日常で、普通はないようなことがあるようで、
周りにいる人たちが「見てるだけで面白い」と
言ってくださる。

あまりにも変化が多いのは自分の深層心理が
変化しているだけの話とも言える・・・。

・・・そんな深い話は、講座のときにするとして(笑


なにせ、1週間で色んなことがおきるので、
ちゃんと書いたらなかなか面白いと思うものの、
変化がありすぎて覚えていられないというのも
ある(笑 

すごいシチュエーションで変な人に出会っていたり
ということもあるのに、ああ、そうよね〜といった感じで
私はあまり驚かない代わりに、周りがよく驚いている。

いちいち驚かないというのは別に、楽しんでいないわけでは、
ない(笑。 

色んな変わった事が新鮮で当たり前だから。
逆に、そんな変わった事ではないことが自分にとって、
「大きな事!」で、また新鮮だったりする。


最近の私の中での大きな変化は、
「スポーツジムに入会」
したこと(笑  普通で新鮮!面白い。


理由はいろいろあるけれど、
大きな理由として、水泳をやりたかった。

またこれが単純で、
アーユルヴェーダ(インド医学)の診断では私は
カファと呼ばれる、水体質。
そして、このカファのバランスが崩れると、体調や精神も
不安定になるといわれており、最近の私の体調の不安定さは
なんとなく、そんなカファのせいではないかと
思い始め、
カファには水泳がよい、と聞いたので、単純にはじめてみることに(笑

ヨガだけではなく、違う形でも体を使ってみたいというのもあり、
なんとなく、ストレス発散のためにも、
新しいことを始めたくなり、水泳、となった・・・(笑

というわけでそれに付随して
水泳キャップやら、ゴーグルやら、新しい物を入手するのが
また、変化で新鮮というか。

昨日は滋賀に、朝はよ〜から裏お仕事の依頼で、草津の方へ。空き時間に
ヨガのクラスに出たり、温泉に行ったり・・・。これ新鮮。
帰って人相学の講座にでて・・・。これも新鮮。

今日は好きな作家さんのストックセールに行ってきた、
新しいかわいいお店でやっていたので、そこのおみせが新鮮!

明日は新しいスキルを学ぶための講座・・・!また新鮮。

変化最高。普通も最高。
新鮮最高。

おどろくような変化よりも、
普通の事が新鮮で印象的に残る。


皆さんの毎日は新鮮ですかぁ〜?



Yes Man: The Amazing Tale of What Happens When You Decide to Say - Yes
Yes Man: The Amazing Tale of What Happens When You Decide to Say - Yes
Danny Wallace


この映画、なかなか面白かった。ジムキャリーのYesMan.
最近の、セルフヘルプ(自己啓発)ブームを象徴したもの。

この中で、主人公の彼女になる役の女の子の一言がものすごく
印象的だった。

「The whole World is a playground.」
 (この世界全ては遊び場!でしょ)

そう、全てが遊び場。全てが毎日の興味をそそる場所。

つまらない毎日なんてないし、毎日顔も手相も、季節も変わる。
でも、代わり映えしなくてつまんない、って思っているのは
自分の心だけだったり。

遊び場全てでできる限り、楽しもうと思った映画だった。

やっぱり毎日は・・・新鮮だと思う★

英語レベルも高くないです。
是非見てみてください。
| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
てんちょうの旅 1 from クアラルンプ〜ル
マレーシア航空でアジアを下がってきました★

今寂しくなってクアラルンプールから更新中(笑

日本以外の国はひさしぶりやぁ〜!!!!!!!!


マレーシア航空の
ベジタリアン機内食


なかなか。特に


野菜のマリネに、ナッツと豆が絡めてあって、
おいしゅうございました。

ココナッツとオクラの炒め物に、豆カレー。
チャツネとヨーグルトもついて。


The Boat That Rocked
The Boat That Rocked
Original Soundtrack

この映画むっちゃ面白かったです★
The Boat that Rocked
ラジオ番組の海賊船?の話。
ラジオDJたちのファンキーで
パーティーないかれた船の上での生活と仕事
をオールディーズのロックな音楽に乗せたコメディ映画。

映画みんの久しぶりやぁ〜!!!!!!!!!

こんな感じのノリで明日からも続きます。
更新がなければ、満喫していると思ってくださいね♪


| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 21:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
モンさん。


こないだ、前から好きな植物店でリンクコチラ
念願の(大げさですけど)モンステラさんを
飼う事に。前からずっとお部屋に
ほしい、ほしいと思っていたモノのうちの一つ。

植物は話せないし、ほとんどの人にとっては
「分かりにくい」かもしれないけれど、
コチラが植物に意識を配っているとちゃんと
こたえてくれますねっ。

江本勝氏の「水からの伝言」にも記されて
いたように、私達は水から出来ています。

植物もほとんどは水〜。

嫌な言葉をあびせられたり、あわや、「無視」して
気にかけてもらえずにいられると、調子もわるくなります。

それがわからなくて、私もだいぶの鉢を犠牲にしてしまい
ました。今でも反省することよくあります(苦)。

しかも多分、たぶんですよ、

植物は「気」に敏感。

だから家の植物がすぐ枯れるときは
自分の調子の悪いのを吸い取ってくれているらしいです。

逆にぐんぐんと育ち、調子がよければ、自分から
ステキな気が発されていると思えばいいのか、と。

でもお店でもそうだけれど、何かしら、植物の
世話をした日は満たされる気がするのですが、
やっぱり
「気」のせい?

緑ってステキ〜★

元彼があるひ、アロエの鉢を頂いたとか何とかで、
面倒が見れないから見てくれと、持ってきたアロエ。

でかいし、邪魔やし〜とベランダへ追いやっていたところ
寒い時期に元彼が(人に任せたにも関わらず)偉そうにも、
「部屋に入れてやってくれ」 とのこと。

でも、確かにそうよね、ごめんね、アロエさん、と
家に入れてやってからアロエさんは彼と同じで
あつかましくもびっくりするほどぐんぐんと成長し、
最近では留まるところをしらず・・・。

写真を掲載したいくらい
やりたい放題に伸びてきています。

なんでも
多肉植物(アロエとかサボテン)は特に
人の言葉を理解するみたいですね。
ワタシのブツブツを聞いてくれている気がするんですね。

しかし彼と別れたときも、アロエさん
慰めてくれた気がしていました。
(きっと捨てられたくなかったんでしょう(笑))


植物は、かわいがったらかわいがっただけ
反応してくれるコとそうでないコがいます。

よく、ココにも書くし、人にも言うのが
男の人と一緒で、
水やりすぎてもあかんし、やらなさ過ぎても
あかん。。。

植物は

光 と 空気 と 水。

簡単だけど、深い。

いや、ほんとに、深い。

だから
年を重ねた人たちがはまるのが、とっても理解できる!

自然を少し理解できる気がするのが嬉しく感じたり。

でもやっと、ワタシにも、植物を育てたり、気を配る余裕が
最近できたのではないかと、嬉しくおもうのです。
だって、自分の部屋の、植物2種もなんだか暗い場所において
いてもえらく育っているみたいなんで(笑

観葉植物の育て方講座をやってくださる方を募集します(笑
われこそは、と思う方、名乗り上げてくださいませ。

あ、緑つながりで、つい昨日、
大阪門真市でステキなヨガスタジオをオープンされたところが!
こりゃ要チェックですな
名前がステキやわ 峰楓ーminekaede
受けたことないピラティスを受けに行こうとおもいました!

そーしーてぇ〜

明日はですよ!



初の試み、英語落語!!


落語を英語で聞いてみませんか?
ワタシもはじめての経験です。落語自体触れる機会が
あまりないですが、落語を身近に感じられるかもっ!

まず落語のパフォーマンスを英語で聞き、
そのあと落語の説明をしてもらい〜、
実際自分で体験するような、そんなワークショップ形式です。

英語に自信ない・・・という方でも大丈夫!
パフォーマーの小夜姫さんはジャパニーズなので
わかりません!といったら説明してくださいます。
非常に芸人さんなので、日本語で面白い返しをして
くださるはずです★
なので、英語やし・・・と思っている方も
迷わず参加〜♪



あさって日曜日は、うわさの濃い〜いアノ集まり・・・。




あと月曜日は ヨガ英語講座、あと残席わずかです


The Love Guru
The Love Guru

またクダラン映画を見てしまった・・・。
でも大好き!マイクマイヤーズのシリーズ。
オースティンパワーズ好きの私には
たまらん、ネタです(笑

デコがきゃわいい〜似非インド好きにはたまらんです。

ラブグル〜あ、思い出しただけでくだらない・・・。
笑いたい日、全てをどうでもよく思える日にお勧め!
| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
革命は愛
ワタクシ、

恋に落ちてきましたときめき



もう、ため息がでてしかたなかったです。

セクシーすぎる。もう、ドキドキ、ドキドキして
仕方ないっていうか。

その熱さ、生き方、徹底して貫く
ひとつの姿勢、そして大きな、大きな愛。

思いやりを態度で、コトバで、
思想で示した、永遠の革命アイコン。

そう!

見てきたのです、「チェ 28歳の革命」。

主役の俳優さんがかっこいいというより、
やはり、
ゲバラのそのあり方というのがよく
体現されていたのがよかったし、似てました。

やさしいオトコ=つよいオトコ
を上手く演じてくれてた感じがしました。

映画の中で
革命は愛である、と。インタビューに答えた
シーンがあった。

結局チェゲバラは、革命という大仕事を通して
大きな愛を体現した人なのだろうと思うのです。

心の優しさは強さであり、強さはやさしさを生む。
愛を持って革命し、その革命により愛を生む、
その徹底した、愛に基づいた、チェゲバラの
生き方が、彼をセクシーに、魅力的にするのだろうと
思うのです。

チェゲバラの側にいられたら、革命に身をささげても
かまわない、そう思える人たちの気持ち
「わかる!わかる!」

とはいえないまでも、生半可にわかる気がします。
彼の大きな愛に包まれる幸せはあるんだろうなぁと
思います。

悟りを開いた聖人、や偉大な人はどんな人にでも
いえると思うのですが、偉人と言われる人たちは
いつだって
ひとつの「原理」から外れることなく、
徹底的にそのコンセプトを貫く。

生き方にはごまかしはないし、信念をひとつ、
そして愛をたくさんもって、生きていると思う。

今日読んでいる本にも
必要以上に出てくる、「愛のあり方」。

愛を持って日々過ごす、それが今の勉強?


そう、そもそも
愛ってなんだ?と思うけど恋との違いは

恋=見返りを期待するもの
愛=見返りもクソもなく、与えるもの

だという定義を私はもっているのです。

愛はお金とはシステムが違う。

愛は使ったら使っただけ、なくなるものじゃなくて
逆に使ったら、自分に貯金(貯愛か。)されていくものなんじゃ
ないかと。

最近、ちゃんと、使えてなかったかもしれないなぁって
チェゲバラの愛のあり方と
熱さをみて感じ、自分のおなかの中で
ジーンと熱いものが早く出してくれって言ってる
声が聞こえた、そんな映画鑑賞でした。

この映画は
実際、ゲバラとともに戦った感覚を味わえるというか
そのような感覚にさせられるのかもしれません。

とりあえず見れてうれしかった映画でした★

あ!明日16日金曜日は
英語朝練の日です〜
やってますから参加したい人はどうぞ!



今週土曜日は〜


日曜日は心にやさしいヨガ哲学の話




チェ・ゲバラ伝
チェ・ゲバラ伝
三好 徹
| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
遅くなりマシ
えらい更新が遅いやないか・・・!

とお思いの皆様。

開けましておめでとうございます☆
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はたっぷり休ませていただきました。
普通の休みを取らせていただきましたが、
やっぱり私はお正月はあまり好きではありません。。。
どうしても
お正月って憂鬱になるんですよね・・・。
幼い頃のトラウマなど色々あるんですが(笑



しかし・・・!
そんなどよ〜んとした気持ちに立ち向かうべく、

今年も昨日6日より、始まりました。

年末からの暴飲暴食に耐えた、
胃と、肝臓のホリデイ!

「断食」。

イエ〜ス。

今年も1週間コースで。断食ってます。
1週間、黒砂糖とレモンと水だけを摂取するというもの。

これで身体の中の老廃物を出したり、
胃腸を休めてもらったりします。

365日、働き続けている胃と腸。
1週間くらい、いいじゃないですか、
休ませてあげたって・・・。

倒れるかもって?
そうですねー若干頭はボケ〜っとしますが、
確かにハードな集中力が要される職場などではオススメしない
です。あと、体力を使うような職場・・・。

なので、無職の方にはオススメします。
なんとなく、
げんを担ぐというか。自分が心に決めたことを1週間
遣り通す意志を確認することで
毎年、意志を持ってやりとおせる、という感覚を
もつというか。
(どんだけマゾやねん、と言われますけど)

しかしながら、辛いのは辛いです。
特に今日(二日目)。

悔しくも、ショッピングセンターに赴くという
バカなことをしてしまいました。。。

断食中は感覚がだんだん鋭敏になってきます。
だから普段あんまり気にならない匂いが。

クレープやさんの匂い・・・
(ぎょえ〜)
スタバのコーヒーの香り・・・
(ちょっとぉ!!)
銀だこの前・・・
(待て、こぉらぁ〜!)

ああ、間違ったところにきてしまった。
断食してたことを忘れていたのだった・・・。


しかも一番山場の二日目に
たこ焼き屋の前は、ないだろう。


というわけで
断食あけたら、たこ焼き食ったる!
と思いつつ、

黒砂糖をかじって血糖値が下がるのを防ぐわけです。

多くの方に理解されない行動だというのは
百も承知ですけど(笑)。

というわけで新年を酷な状況で始めるてんちょうですが
日本国ではやっぱり「変わり者」と指差されて
しまうんでしょうね。

1月からも色々とたくさんのイベントを
用意しておりますので是非ご参加くださいね!

取り急ぎ、

1月 9日 (金) 英語でしゃべる☆ナイト

1月10日(土) 英語の秘密セミナあ
1月11日(日) Astro☆Logos 占星術研究会
1月12日(月祝)Tarrot Night タロット

1月17日(土)ヨガ英語

ジャッキー・ブラウン [DVD]
ジャッキー・ブラウン [DVD]
クエンティン・タランティーノ

この映画大好き。

特にパムグリア(主役のセクシーおばちゃん)
の熟女っぷり。かっこよすぎる。
そしてなんて肌の黒さが素敵なんだろうと
思える。
何年か前、ちょっと間アフリカンアメリカンが
うちに居候していたけど
何度見ても、惚れ惚れしてしまう、整った顔と
ダークな皮膚にため息をついていた。

アメリカという国は他民族国家なんだということを
なんだかこの映画でいつも思いおこされる。
パムグリア、ブリジッドフォンダ、デニーロを見て・・・。

久しぶりに見たら所有したくなった映画です。

| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 17:35 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Yes.


ジョンレノンが
オノヨーコの作品に初めてあったとき。

のエピソードを皆さんご存知でしょうか。


当時売れに売れていたビートルズの時期。
ジョンはコンサートでも叫び声で
音楽をろくにも聴いてもらえもせず、
周りの音楽関係者や、仲間、全てから
「No」と
言われていた頃。

ジョンはヨーコのインスタレーションの
作品を体感しました。


はしごを上り、天井の文字を虫眼鏡でのぞきなさい


そのようなインストラクションの
作品、ジョンは
はしごを上り、虫眼鏡で天井に記された文字を
覗き込んだという。

その文字は

「 Yes 」。


Noといわれ続けていた、ジョンの
心を包んだのは
否定ではなく、肯定の Yes。




私はこのエピソードを始めて知ったときに
ものすごく感動したものです。
だから一度オノヨーコの作品も見てみたくて、
滋賀の美術館での展示では真っ先に見に行きました。


最近細かい「No」が続く私、てんちょう(汗)。

今日通りかかったお寺に書いてあった、


「陰徳あるもの、必ず朗報を得る」


今日の「Yes」でした。

24日日曜日は19:00から
英語でしゃべる★ナーイト
ガラスキ!この機会に英語練習しまくってください



ところで


2008年8月より
ランダムにGreen e books にて
「レディースデー」を始めます。

それって何?

とりあえず、女子な話題に特価した
ディスカッション、レクチャー、プチ講座。
を二時間にまとめた、もので、
協賛店は
京の自慢のアロマサロン Day Spa La Cura さん
手作り石鹸 の Meinmuk さん

です。毎回話題は変わります。

Lady's Day Girls Night

第一回は
8月31日(日)19:00-21:00
参加費:¥1500(甘いもんとお茶&お土産つき)

この日のアジェンダ・・・

1.スタイルアップ!!!  下着のつけ方講座
  と、
  どうやって防ぐ?体型の崩れ!(仮)

  おはなし:エムだエーゆみさん(下着のパターンナー)

2.5分間ベリーダンス講座

3.月一の話! 布ナプキンからみる社会現象?(仮)
  おはなし:おのちさこさん(ティプアプロジェクト代表)


どちらも、女子の日々の話題に特価したものです。

下着講座、聞きたいですね〜!
体型をどうやって下着に
手伝っていただくか、です。この話が聞きたいが為に、
この企画を作りました(笑)。


そして月一の話は、
ティプアプロジェクトというのは「布ナプキン」を
製造販売している会社
で、今ぐんぐんと需要を
伸ばしている「布ナプキン」。
 エコで、身体にも優しく、
生理痛が減ったり、調子が良くなったりしている人
急上昇と言われます。そんな身体にも環境にもよい
「布ナプキン」と、使い捨てナプキンを比べ、
布ナプキンを作る側から社会現象などを含めて
お話してもらいます〜

そのあと根堀、葉堀、いろんなインタビューを
わたくしてんちょうがじきじきに聞きたいと思います★  
で、いろいろディスカッションでもよいし、
参加している皆さんでお話できればいいなぁと
思います。

そして毎回5分間のセクシーになれる!
ダンス?レッスンも!

定員15人
(予約してくれるとうれしいです)
異業種交流会的に
是非皆様ご参加くださいね〜


京の自慢のアロマサロン Day Spa La Cura さん
手作り石鹸 の Meinmuk さん
ティプアプロジェクト「布ナプキン」の製造販売


再会の街で
再会の街で
マイク・バインダー,ドン・チードル,アダム・サンドラー,リヴ・タイラー

てんちょうの大好き、アダムサンドラーの最近の作品。
9.11により引き起こされた心の傷、そこから生まれた
再会やエピソード。決して軽い映画ではないもの、
涙なくしては見れない、「よい」映画です。 Yes.
| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
両親の相性。
母の誕生日だったので実家に帰りました。

三宮で父親と母親と食事をしました。
私の両親は本当に仲の良い両親で
仲の良いというか、ちゃんとした「夫婦」を
している人たちです。


てんちょう的に二人の相性を解釈するに当たって
非常に興味深いことがありました。


父は太陽星座が山羊座 月星座が射手座
母は太陽星座がしし座 月星座がおとめ座

意味が不明かもしれませんが、

実はこれは結構よい相性だと思うのです

太陽山羊座のエレメントは → 土
月 射手座のエレメントは → 火

太陽しし座のエレメントは → 火
月 おとめ座のエレメントは → 土

そして、
早いうちの結婚では夫は妻に自分の「月(つまり女性性)」を
あずけ、
妻は夫に自分の「太陽(つまり男性性)」を預ける。

(そうすることで役割をしっかり果たすことが出来るという
感じなんだろうか)

要するに、
太陽は意識的な「意思」を現し、
月は潜在意識的な「リアクション、内面」をあらわす。

うちの父と母は
エレメントが交換しても一緒なので
あんまり「無理」や「矛盾」が なかったのでは
ないだろうかと思う。

射手座を月にもつ、父親は非常に明るい。
親父ギャグや笑いのネタに耐えない男。
それでいて、目立ちたがりなので
結婚式の司会や、人前での歌の披露などは
本当に好きな人。


母の太陽はしし座で本来は目立ちたがり立ったり
活動的で元気な印象というものだっただろうけど
彼女はどちらかというと
闇でそれを持っていて
その部分は本当に夫へ持っていかれた感じになっている。

しかし、印象おとなしい(月:おとめ座)わりに
びっくりするほど興味や好奇心が旺盛でいつでも
何かをしている活動的な人なので、
おそらくこのあたりは夫の月の射手座をちゃっかり
活用している感じがする。


占星術の話ばかりで申し訳ないんですが
占星術は10個天体(星)があって
そのコンビネーションで心理の鋳型を読む、という
ものでありますが、
そのうちの太陽と月だけでも
結構面白い 相性のことが分析できたりして
なかなか面白いものです。 

なんだか家族を一歩はなれて、こんな風に
分析するのも大人になって、ならではというか、
両親のあり方がこうだったから、自分がこうだったんだなあ
と客観的に自分自身を見れる良い判断材料にも
なっています。

そんな
両親が相変わらず仲良く、お互いをけなしあっているのを
みてほほえましく、やはり、幸せな気持ちになった
てんちょうでした・・・・。


おお、運命とは不思議なもんですね。


そうそう、
そういえば、
明日から
わたくしの
「英語短期習得すぱるたセミナあ」が
始まります。

短期でざっと、英語に対する取り組みを変えたい
という方は是非オススメです。

上記の占星術を利用して鑑定しつつ
「コミュニケーションカウンセリング」
もこのスパルタセミナあの最後でお一人ずつ
させていただいております。


詳しくはコチラから

まだまだ定員に達していないので
ぎりぎりまで受付ます。

info@greenebooks.net
075-751-5033
までどうぞ★






チャックとラリー おかしな偽装結婚!?
チャックとラリー おかしな偽装結婚!?
デニス・デューガン,アダム・サンドラー.ケヴィン・ジェームズ.ジェシカ・ビール.スティーヴ・ブシェミ.ダン・エイクロイド.ヴィング・レイムス
| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 18:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
本当の感動とは?

((スタッフのAちゃんが、夏休み、インドに行くらしい。超うらやましい))

昨日、お客様にお送りしている
英語のメルマガの「今日の一言」←ひとことちゃうんよね(苦笑)

に人気作家、Jhumpa Lahiri の「The namesake」を映画化
したものを観たという内容を記載したら驚くほどの
反響がありました。どうやら、皆さん、その映画に感動した、
という内容と、それからその映画の焦点のあたっている
「アイデンティティー」について反応されたようでした。

外国で暮らす人、暮らしたことのある人は、日本人
外国人、移民も含めて「アイデンティティー」について
一度は悩むのです。
先日、しゃべるナイトに参加してくださった、
ある方は
「実は、てんちょうさんとなんだか
自分の好みや人生がかぶっている・・・」

と言ってくださいました。話を聞くと、私なんかより
ずっとずっと、レベルの高い「セルフヒストリー」を
お持ちで(笑) 聞いていると本当に
興味深く、しかも実は私の大学の後輩でありました(笑

きっと、トイレで隣同士だったとか、学食の後ろに並んでいた
とか、どこかですれ違っていたことも
あるでしょう・・・。
本当に、人、それぞれの人生って素敵ですね。


ところで上記の
その反響の大きかったメールはこんなんです。

私の「実はヒドイ」英語にお許しください。


Green e books 英語メルマガ  Petit comment of today より

Hello!

Oh my summer is here now.
Recently I left my second job I had for three years.
And I was expecting to have extra time for taking
care of a lot of things which I could not do before.

But hey, things don't work out that way.
Life is challenging...!!

Anyway....

Recently I saw a movie directed by Mira Nair,
she is an Indian director who made the movie
“Monsoon Wedding” famous that got golden prize
in Venetia movie festival.
What was good about this monsoon wedding movie,
it is not a bollywood type of dancing entertainment movie.
(I love that style, too! Don't misunderstand!)
There are a few dancing and singing scenes,
but it is obviously different from other types
of Indian movies. And colors of this movie, story,
music, fashion, Indian accent, witty scenes, it really
reminded me the time I spent in India before opened
my bookshop. (I used to travel to India every two
months for two weeks for the job I had. )
Anyway, I think a lot of people had read Jhumpa Lahiri’s
book “The namesake”.
Maybe some of you might just saw the name or heard
about this book, it is a Pulitzer Prize winner book,
I wanted to read this book for long time. But never did.
One night I stopped at Tsutaya, very spaced out,
tried to look for something, but could not remember
what I wanted to watch, and stopped in front of one DVD.
I just saw the letter of “Directed by Mira Nair”.
Since I really liked monsoon wedding, I just picked
this movie up and went to casher.
Came home, I realized that I rented DVD which was a
movie of “The namesake”. Yes, the movie was based
on Jhumpa Lahiri’s book.

In this movie, again, I love the colors and art of it.
There are several scenes in NY and Kolkatta,
and it shows the image of INDIA so well. There is
one scene, made me so cry at the end, the father
of the boy, tells his son at the beach, “we forgot the camera.
Now you please remember the scenery with your eyes, not to forget.”
This story is about one Indian family who lived near NY.
But several things mix to this movie, made me cry,
made me smile and made me think about the “Identity”
of ourselves by name and nationality.

My name is Yuko when I write in English. But as
pronunciation is Yu-u-ko. Is correct. Never really
liked my name until I left Japan first time.
Because yuko is everywhere. Such a common name.
Then started living in overseas, even I introduce myself
Yu-u-ko, people just pronounce me Yuco.
YOU GO, was a very popular making fun of my name.
But never hated, really liked after people calls me Yuko.
Not, yu-u-ko.
In Spanish speaking country, YUKO pronounced JU-CO.
this is funny, also. Yuko is not a common name outside
of my country, which was something I liked about.

Name, something we had given from somebody, I think
the sound of the name creates certain kind of energy.
Have you ever felt that?

We Japanese some strongly believe stroke of Chinese
character of our name reflects to our destiny or life.
Even my family, surname is IWASAKI, recent years
our whole family changed the stroke of our surname.

In a way, it could be stupid to depend on the stroke
or sounds of name, but to love our name is to love
ourselves. To identify what we are as individuals,
Naming something is a putting some certain
energy there, I believe. So I guess getting grandfathers,
fathers names are possible to keep the same energy
or force in one family??

Can be anything! Mystery of name.
I highly recommend the movie “THE NAMESAKE”
It makes us THINK! its now on DVD!!

Ciao!


その映画がこちらです。めちゃめちゃオススメです↓
ツタヤにありました

その名にちなんで (特別編)
その名にちなんで (特別編)
ミーラー・ナーイル,カル・ペン,タブー,イルファン・カーン

アロマ講座、
てんちょうの英語の秘密、
Toeic講座、
洋書の読み方講座、
占星術講座
はこちらから


| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 12:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
こんな映画最高に好き!
ずっと観よう、観ようと思っていたこの映画
「モンスーンウェディング」
モンスーン・ウェディング
モンスーン・ウェディング

昨日見た!


・・・てんちょうの大好きな映画 No.1になりました。
ハロルドとモーデに続く感動映画・・・。


インド映画といえば、ボリウッド的でうっとおしくて
敬遠されがちな気がします。
(しかし、一度はまると抜けられない)

そんな嫌悪感のある人には、是非っ見てもらいたいと
思います。
ほとんど、あのミュージカル的な歌と踊りはないのですが
上手く、洗練された感性で映画に溶け込んでいる・・・
そんな感じです。

途中で入る、歌のシーンも
歌詞やその歌を聞きほれる役者の表情で
とても心にジンとくる。

私がインドに行っていた頃、そんなおうちや、お友達を
思い起こさせるこの映画・・・。
インドの、この人達って最高に愛すべき人達です。

酒は飲めや、歌は歌えや、
快楽主義な
バンジャビーの上流階級。
「人生を謳歌しないでどうするんだ」

こんな姿勢は最高★


不倫もある。虐待もある。
けんかもあるし、問題も浮上。
でも
何より恋をストレートに描いてくれて
ありがとう、な映画。

とてもアートで洗練されていて、
明るくて、切ない、でもハッピー★

素敵なコメディータッチな部分はなんともいえない。

インド映画でありつつも、私が大好きな
洗練されたインドのテイストがある。

マリーゴールドの花をふんだんに使った
カラフルでオシャレな演出も幸せにさせてくれる。

まさに、インドのウェディングは忙しくて
とっても豪華だけど、
一生のうちに、そんなお祭りをできる
喜びっていいなと思わせてくれるのだ。

生易しい
ヒューマンドラマではないけれど、
最後は感激して号泣してしまった。
泣くけどとてつもなく
これは「ハッピー!」な映画です!!!


心を暖めたい時は是非見てくださいね★

そういえばもうバレンタインなんですね・・・


ところで、今週金曜日は
英語でしゃべる★ナイト!

英語使わないと話せなくなります!どんどん使いましょう。
てんちょうとおしゃべりして情報交換してください。

イメトレして是非どうぞ!
予約はコチラですよ
info@greenebooks.net

11日は久しぶりに
京都教育文化センターでセミナーです★
午後からです。お休みの日。
聞いたら
英語が話したくなるお話をどうぞ♪




詳しくはコチラ







詳しくはコチラ
| green-ebooks | 映画好きでないてんちょうのオススメ映画 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE