シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
<< 世界を征服予定のミュージシャン。 | main | フロリダは東の下。 >>
椿(camellia)と梅(plum)
昨日京都は左京区にある、法然院に居ました。
そこで

これにしばし見入っていました。

器から水を落とすのにわざと葉っぱを挟んで水を落とす。その下にはまだ鮮やかな椿が浮かんでいてなんとも「日本」らしい気遣いがしてあることに、美しさを感じます。

法然院の気遣いというのはなんだか随所随所で見られるような気がしました。観光地用の派手で趣味の悪い修復や、プラスチックを池においてみたりするのとは違い、木の色、植物の手入れ、閲覧本を置いたり、というなんだか「粋」な寺という形。

なんだかわからないけどうれしくなりました。

椿(camellia)と梅(plum)


いろんな植物が目に見えて活動し始めましたね。
白木蓮も開花しております。蛸の足みたいな白い小さな花をつける奴(誰か名前を教えてください)も少しずつ。

今年は冬が長引いているせいか、梅と椿がいつもより見事に咲いているような気がします。梅なんて毎年「いつ咲いてたっけ?」という感覚なのに今年は「梅」と主張せんばかりに着色料ばりのピンクが咲き乱れていて不思議です。
来年も前にでろよ、梅!

そして椿。の見事な咲きっぷりはどこに行っても気になります。
イメージ的に椿って清純で、着物の柄とかにもよくつかわれるけど、私は今年ほど椿が 大胆でセクシーに思えた事はなかったかもしれません。
咲いてしまえといわんばかりに、思い切り花をつけ、落ちても主張し、落ちた花が変色しても尚、椿の色気みたいなものを感じるのは私だけでしょうか。

桜と急ぐ前に彼等を見納めてみてはいかがでしょうか!
| シュフ ゆうこ | おかずもう一品 | 19:17 | comments(2) | trackbacks(7) | pookmark |
i like this site
| case curio | 2006/03/14 5:17 AM |









iPhoneImage.png
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE