シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
<< 大人のままごと | main | 洋書とてんちょう >>
忘れられない朝食


これまでの一生で一番おいしかった朝食の思い出は
ありますか?

という質問をされたら迷わず、答える。

「リッツカールトンの朝食ビュッフェ!!」

うそです、うそです(笑


本当の答えは、コスタリカの荒地の民家で食べた
オムレツ。


二年前にコスタリカに「勝手ステイ」した話

を書いていた(笑)。

そう、コスタリカに2ヶ月滞在していたとき、
レンタカーが故障して
砂漠でとまって
修理のために、近くの民家で勝手ステイさせてもらった
エピソードです。

そこで、私と友人は3日間お世話になった。
戸のない、家でした。
蚊帳のかかったベットで寝させていただいた。
突然の外国人旅行者の滞在に、
その民家の家族はびっくりしていただろうとおもうのですが、
快く私達を3日間滞在させてくださった。

裏にはコケコケいう鶏と、モーモー、ブヒブヒの牛や
豚がみんな共存していて、シャワーはタンクに雨水をためた
もの。トイレも戸なんてない。

その裏の鶏が産んだ朝取りの卵をオムレツにしたもの。
本当に本当に、まっ黄色のオムレツは
目が飛び出るほど、おいしかったのを
覚えています。

そのとき、スペイン語はあまりまだまだ分からなかったけど
3日間、車の修理をぼ〜っと観ている私達に
家族のお母さんは
「へスース、ヘスース。」と聖書を持って熱心に、熱く、分からないなりに一生懸命聞いている私達へ
イエスキリストの話をしてくれた。
(ちなみにヘスースはjesus ジーザスのスペイン語読み)。

思えばコスタリカ、中米に私が赴いたのはもう10年も前になります。スペイン語学科の割りに、オチコボレで、
テストはわからんわ、文法はさっぱりやわ、
会話のクラスだけは成績のよい、たちの悪い学生で、
スペイン、スペインと、ヨーロッパばかりに目を向けている
同級生を
「けっ 中南米の方が面白いわっ」と
意気ってみたものの、中南米はどこも、女子一人で赴ける
レベルではないので、実は小心者の私は
中南米で一番安全な国、コスタリカへ赴き、田舎ホームステイを
決意しました。

20歳の私が出会ったコスタリカは本当に衝撃で、
あの時、よく、スペイン語で過ごせたな、と思う日々です。

現地サンホセへ降り立った時、空港の小ささに
かなりびっくり。
街へ出ると、街を歩く人全員が 私達を「ガン見(汗)」。

私達からしたら全員に襲われるんじゃないかという
錯覚を起こすほどのガン見されぶりで。

サンホセで見つけたトラベルエージェンシー。
英語が話せるお姉さんがいました。そのお姉さんに
「田舎で、ホームステイが出来る語学学校を探してください」。
と泣きつきました。

思えば、トラベルエージェンシーなのに、全く関係ない(笑

そのお姉さんはチャージを取ることなく、
「オーケー、明日またここにおいで」

次の日には
「ガールズ、いいところがあったよ!
明日のバスのチケットを取ってリベリアという街まで乗るのよ。
そしたらあなた達を迎えにきてくれるから! 
Que le vaya bien!(じゃあね!)」

次の日、バスに乗って4時間。リベリアへ赴きました。
そして
その夜から私も友人もそれぞれのホームステイの
おうちでディナーをとり、
1ヶ月半、3食洗濯&昼寝付、午前中はみっちりスペイン語教室
という日々を。
小さい街で過ごした1ヶ月半。

今2008年から思えば、
おとぎ話のような昔話にしか、自分でも思えないのが不思議。

今でもあの風景は変わらないのだろうか・・・。
今でもホームステイ先の
ルルデス&ラファエルは元気なんだろうか・・・。

そして、また今私にはスペイン語ブームがやってきていると
思うんですね。

「言語の限界は自分の世界の限界を意味する」

こないだの良い言葉、にこの言葉を書きました。

コトバが話せるようになればなるほど、
自分の世界はどんどん広がっていく・・・

コトバが分かるようになればなっただけ、
自分の世界を相手に理解されるようになる・・・

広がればいいってもんやないやろ、って人もいるかも
知れないけれど
広がっただけ、感動や、経験も広がっていくということ。

私が本当にGreen e books を通してコンセプトを
主張していきたいのはそういうことかもしれません。

自分の可能性を広げるためのツールが言語なんだよ、
ということ。。。

というわけで
私と一緒にスペイン語を学びたいあなたっ
受講者大募集中!コロンビアーノに学んでみませんか?




スペイン語の音は日本語に似ている?! 
英語よりもずっと聞きやすいスペイン語はとっても
情熱的で素敵な言語! スペインへ旅行する前に、
フラメンコを踊る前に、言葉からラテンの熱い文化を
学んでみませんか?


10回完結のスペイン語入門

講師:Paul Scheueremann de Colombia

スペイン語、興味あるけどやったことがない・・・
そんな方に!スペイン語の超基礎を8回の講座で学んで
みましょう★ アルファベットから始めます。
昔やっていたけど忘れた・・・という方にもオススメの
スペイン語ニューモン!

金曜日のコース隔週 19:00〜20:30
9/19, 10/3, 10/17, 10/31, 11/7, 11/21, 12/5, 12/19, 1/9, 1/23

火曜日のコース隔週 13:00〜14:30
9/16, 9/30, 10/14, 10/28, 11/11, 11/25, 12/7, 12/16, 1/6, 1/20


●場 所:洋書のおみせGreen e booksにて
●参加費:各クラス 3000円×10回 テキスト代別途1000円
(一括支払いの場合は 27,000円 クレジットカード支払い可 )
●予約申込締切:2008年9月15日まで

どちらのコースを希望か選んで
予約時にお伝えください★

お申し込み&お問い合わせ:075-751-5033
info@greenebooks.net


講師のプロフェ・・・
:Paul Scheuermann (ニックネーム: el Profe)
ドイツ人の父、コロンビア人の母を持ち、コロンビアで育つ。
専門はスペインとラテンアメリカ文学。穏やかで丁寧な教え方がスーパー素敵な先生。
大学での教授経験もあり、本人も日本語を勉強中なので、コトバを覚えるコツをよく知っている。
合気道2段、穏やかなのに、心は熱いコロンビアーノ。
| シュフ ゆうこ | 講座とか | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| | |









iPhoneImage.png
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE