シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
<< ビッグスリー対談。 | main | 食べるバリ。 >>
恋するバリ。
こんにちは◎
ぴかこです☆
 
今回のバリ旅で心に残ったことの一つ、
バリの人について。
 girl
みんなとても親切で、とっても笑顔がステキでした。
ピュアな感じ。
思わずこちらまで笑顔になってしまう感覚。
 
目が合って、挨拶するのが当然。
バリに行くと、それが普通で、
挨拶しないのが逆に不自然な感じ(笑?
 chef
ぐっもーにんでも、
すらまっぱぎーでも(インドネシア語)
おはよーございますでも、
なんでもいいってかんじで、話しかけてきはります。笑。
 
「こにちわー」
「オゲンキデチュカー」
なんとなくな日本語で話しかけてきてくれる人たち。
やっぱりそういう行動って好感もてますよね。
 r
みんな、どう思われるかとか、あってるかまちがってるかとか
基本的に、気にしてない、おおらかな雰囲気もありました。
 
英語とかも、皆さん普通にしゃべって、海外の人相手にお仕事してるけど、
特に綺麗な発音というわけではありません。
でも、そんなこといってる暇はないんだろうな。
また、バリには世界各国からバケーションを楽しみに人がやってきているようで
街ですれ違う人の発音もなまりもさまざま。
 
そして私たちもつられて、
自分の発音がほとんど気にならなくなりました。
 
ホテルのフロントスタッフやレストランのスタッフさんもとても気さくで
フレンドリーで、必ず参加者みんなの名前を覚えていて、
通りすがりに名前を呼んで声をかけてくれました。
そんなスタッフのみんなと占星術の話で盛り上がったり、
マッサージのお姉ちゃんと仕事は好き?と話をしたり。
 
現地の人と交流ができたことがとても嬉しかったです。
そしてそれが私にとってこの国の印象を決める大きな
出来事だったんじゃないかなと思います。

ステキな町並みや、美味しい食べ物に恋する旅もあり、
そして今回は、バリの人に恋する旅になりました◎
 
 ring

つづく・・・


☆まずは英語にむかって一歩踏み出すために。
「英語のすぱるたセミナぁ☆」
 
英語の習得、まずはこの講座から始めましょう。
苦手意識をまずは克服。
英語をどんな風に使いたい、どんな気持ちで使いたい?
教科書を暗記するよりももっと大切なことを学びます。
 
 
☆英語のブラッシュアップ!口から出す練習!
「英語の『実践』すぱるたセミナぁ☆」
 
すぱるたセミナぁ☆の短期習得プログラムを元に
考えだされた新講座!
発音音声学や、心理学からのアプローチ◎
口が疲れるほど話します。
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
 
| シュフ ゆうこ | すぱるたリトリート | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| | |









iPhoneImage.png
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE