シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
<< 月の瞬間冷凍と賞味期限 | main | 「私」の由りどころ >>
好きとか嫌いとか

こんにちは。
バヂルです。





道を歩いてて
周りをよく観ると
色んな花が咲いてますね。


これはなんていう花なんでしょうか。
とても不思議な形をしてます。


さて、蟹座月間です。
今日は感情の「好き嫌い」について
書いてみたいと思います。


某TV番組で「食わず嫌い王」という
番組があります。


とんねるずの貴さんチーム・憲さんチームに
ゲストが二手に分かれ
だされた料理を目の前で食べ
その中にひとつだけある嫌いな食べ物を互いに当てあうというゲームです。


多種多様にゲストが嫌いな食べ物が
沢山でてきますが
嫌いな理由は大体似ています。


「食感が…」とか
「味が…」とか
「見た目が…」とか
「匂いが…」など


ご自身が口にいれた時に
感じる不快な感覚を
嫌いな理由に挙げられてました。


どうやら
自分の身体の中に入った時に
その対象に対して
好きとか嫌いという感情が
湧くようです。


そう考えると
快不快の身体感覚と
好き嫌いの感情は
非常に密接なのがわかります。


逆に言えば
自分の中に入らなければ
好きとか嫌いの感情は
湧かないように思います。


そらそうですよね。
食べたことがないものに
好きか嫌いなんて
わかりませんものね。


となると、食べ物に限らず
自分や他者、出来事に対して湧く
好き嫌いの感情は


一度自分の中に
取り込んだことがあるのでしょう。


その時の記憶が
好き嫌いの基準となり
反応しているんだと思います。


感情を表す蟹座の
甲羅の内側には
大切な感情が心が入っており


硬い甲羅によって
外の世界から
自分を守ってますが


まだふにゃふにゃの
甲羅が柔らかい
子どもの時期は


外と内の境目が曖昧で
他者と自分の境目も
曖昧だったりします。


まあ、人間ですから
苦手なものや嫌いなものが
ひとつやふたつはありますが


その反応が
自然なことだとしても


その対象に自分が過剰に
反応している場合


その自分の反応自体が
過剰反応だということに
気づけたら


自他共に対しての
破壊行動を未然に防ぐことが


または最小限に抑えることが
できるのではないかと思います。


もし自分が
特定の人や出来事に対して
他の人に比べて過剰に反応し
感情に振り回されるようなら


「それはどうしてなのか?」と
いま一度自分に聴いてみたり


信頼できるひとに
相談してみたりすることで


客観性を取り戻すことが
できるのではないかと思います。


冷静になって考えてみると
自分以外の感情だったりする場合も
あるかもしれませんので。


ちなみに、私は好き嫌いが少なく
割と何でも食べる方ですが


ベトナムで食べたバロットは
見た目がグロくてアウトでした。


一口だけ食べましたが
味はおでんのだしの染みた玉子みたいで
美味しいんですけどねえ。
(興味のある人は画像検索してみてください)


もし私が「食わず嫌い王」にでるなら
迷わずこれを嫌いな食べ物に選びますが


食べると震えがくるので
大竹しのぶさんのように
一発で当てられるのは確実であります(`_´)ゞ






☆☆☆おしらせ☆☆☆





星語でしゃべるナイト☆

7/10(日)・8/21(日)





●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は

bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。

| シュフ ゆうこ | バヂル | 23:20 | comments(1) | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/07/06 11:47 AM |









iPhoneImage.png
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE