シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
<< 好きとか嫌いとか | main | 父と座れば >>
「私」の由りどころ

こんにちは。
バヂルです。



毎日暑いですね〜。
水分補給してますか?





凍らせられるタイプの
ソルティライチが売られてました。


夏の野外フェスには
持ってこいです(^∇^)





さて、蟹座月間です。
今回は「居場所」について
書いていきたいと思います。


あれ?そういえば…と
最近何も思わなくなってたことが
あります。


それは何かと言いますと


新月の願いごとに
毎月書く位の勢いで
口を開けばでてくる位
私の人生の中で優先順位の


「自由」という言葉です。


あれ程自由を願っていた頃は
裏を返せば不自由だったということ
なんですが


じゃあどんだけ不自由だったのかと言うと
そうでもなく


振りかえってみると
いまとさほど変わりはありません。


外側の状況に劇的な差はないけれど
この感覚の違いはなんだろう?と
自分なりに考えてみたところ


どうやら
昔のあれ程までに
焦がれた自由の意味が
間違っていたことに
気がつきました。


気づくきっかけとなったのは
以前の私の「自由」の象徴であった
一か月の海外旅行です。


渡航先で自由を満喫するべく
特別普段と違うことをするかと思えば
そうでもない。


色んなひとに会って
おしゃべりして
文章を書いて
本を読んで
散歩して
買い物して
料理作って
ご飯食べて
食器洗って
寝て
働いて
遊んで
勉強して


海外でも日本でも
私がしてることや関心のあることは
普段の毎日からしてることだわと


帰国して
少し経ってから
わかりました。


じゃあ、自由って何だろう?と
改めて問うてみたら


以前の私が
描いていた自由とは


外側の状況を
何でも自分の期待通りに
コントロールできることだと
思ってました。


それって「自由」ではなく
期待という名の「支配」ですね。


いやはや
あれ程ひとにされたら嫌なのに
自分がそれを周りにしていると
気づいた時は
もうびっくりでした( ̄◇ ̄;)


うぎゃーな体験を経て
アハ体験をしながら
一歩ずつ進むことで


本当の自由とは
場所や条件じゃないんだと
外側の状況によらないんだなと
思い至りました。


自分に由る(よる)こと、
自分が由い(よい)と思ったことを
どんな状況でも選ぶことが
本当の自由なんだと。


「由」という文字は
「よる(由る・因る・拠る・縁る・依る)」という
意味があります。


小さい頃は
家族が拠りどころであったので
見捨てられないよう
気に入られるようにと


自ら期待に応えようと
我儘言わず我慢したりしてましたが


その我慢の裏には
愛されたいがための
親への期待が私にあったわけで


また自分の家族以外を知らない
それしかないと思っていた
子どもの私にとって


お家でだされたものは
「そうするものだと」
何の疑問もなく鵜呑みに


美味しいものだと
正しいことだと思ってましたし
同じであることは良いことだと思って
丸飲みしてました。


とは言え、小さい頃から
私は自分が由いと思うことを
してきましたし選んできてたんだなぁと。


そう考えると
「食べたもので創られている」という
言葉がありますが


身体感覚と感情が同じならば
食べ物だけに限らず


どのような気持ちで
自分がそれを行うかによって


それに相応しい「居場所」が内側で創られ
それに伴って外側に創られていくのではないかと思います◎






☆☆☆おしらせ☆☆☆





星語でしゃべるナイト☆

7/10(日)・8/21(日)





●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は

bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。

| シュフ ゆうこ | バヂル | 20:30 | comments(0) | - | pookmark |
| | |









iPhoneImage.png
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE