シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
<< 1日ランチ一回分で「英語人生」 | main | すぱるた講師とマンツーマン!どうなる?その2 >>
すぱるた講師と組むとどうなる?

本日は、現在随時受付中の

「英語のすぱるたチューター」の感想をご紹介。

実際には、すぱるた講師、「シュフゆうこ」さんと組むと

どうなるかというお話デス。

 

 

*講師と共に洋書店Greenebooksを立ち上げ3年間共に経営した

ビジネスパートナーの感想*

_____________________________

 

こんにちは。Green e books元専務のナオです。

 

私は、Green e booksの立ち上げから、

この小さな洋古書店の枠を超えた空間で三年間、

貴重な時間を過ごしました。

実はシュフ ゆうことは高校からの親友なので、

彼女とはうん十年の付き合いなんですが。

 

忘れもしない、初めて外国人と話をしたのは高校の時、

彼女が実家で交換留学生を受け入れた時、ごはん会みたいなのしたのかな。

私も、ゆうこがELTに英語が通じてうれしかったと先日ブログで書いていたように、

自分も英語で会話できるんだと感激したことを覚えています。

 

それ以降、大学卒業後に彼女と数年間に及ぶ同棲生活(笑)が始まるんですが、

ゆうこが外国で出会ったいろんな人が訪ねてくるんですね、家に。

泊ってくんですよ、軽く一か月とか(笑)

 

もちろん、彼女が仕事の時は狭い部屋に彼とか彼女と二人きりとか、

一日中ね、時に数日間、もうどうすんのって。

 

いや、しゃべるしかないでしょ。

へたでも、なんでも、中学英語バンザイ! ノリが命みたいな(笑)

 

ノリがよすぎて、家で音楽ばんばん踊りすぎて警察来たこともありましたけど(爆)

ボディランゲージですよ、それもね。

 

そんなことしてるうちに、洋書の古本屋がやりたいと言い出して。

わたしも、あまり深く考えるほうじゃないんで、

いいんちゃうって、大変そうやし手伝うわって、またノリで。

 

それから、英語が日常的な毎日が始まるわけです。

 

店を開けてすぐ、数か月に一度、一か月とか長期出張という買い付けに行くわけです。

ナオ、頼むわなぁって。

 

もちろん洋書屋なわけですから客の半分は外国人、

英語での問い合わせのメールに電話も多数。

えっ、私?ノリではしゃべれるけど、それ以上でもないよと。。。

 

シュフ ゆうこ:大丈夫やって、ナオやったら!頼んだでぇ〜!

 

と彼女は羽が生えたように消えていく。。。

 

人って当たり前やけど、自分の所有物を売るとき、

特に思ったより安値をつけられたとき、びっくりするほど攻撃的になるんですよね。

 

中古書の買取中、カウンター越しに英語でキレられるわけですよ。

こっちは一人やし、日本語で言っても通じない。でも、ここで負けたらあかんと。

 

最初はおっかなびっくり、でも、うちらも商売やしって、だんだん肝も据わってきて、

逆ギレしてみたり、泣き落としてみたり、

ゆうこや英語を話す友達、お客さんの外国人が話してる言葉を

耳コピーしながら自分の表現を増やして、

三年後、不自由なく外国人の友達と笑って話してる自分がいましたね。

 

なんか、今考えると、ひとつのツールを得ていく感じ、ワクワクしたなぁ。

 

そんな私、実はいま、これをフランスのノルマンディという田舎町で書いています。

フランス男子と結婚して5年、ハーフの男の子が一人。

日常生活の8割はフランス語。

 

本格的にフランス語を始めたのは、こちらに住んでからだから37歳の時。

中年の脳みそって、ちょっと気を抜くと、びっくりするくらい忘れるんですよ。

 

そんな私ですが、なんやかんや五年。

まだまだ生活に不自由がないとはいえないけど、日常生活には困らない程度。

こっちの友達とも笑って話せる、映画も全部は完璧にはわからないが

フランス語字幕があれば見れる程度。

 

最初の一年は、やっぱりノリで話してたかも。英語の時と同じで(笑)

そこからは、ノリだけでは難しくて

何度も壁にぶち当たりつつここに至るわけですが、

 

とりあえず私は性格的に、人より間違えたら恥ずかしいと思うレベルが低い!

なんしか、シュフ ゆうこに長い年月かけて鍛えられたからね(笑)。

 

私は、自分が英語を習得したいと思う前に、彼女が近くにいて、

恥ずかしいとか無理とか思う以前、

話さざるを得ない環境=切羽詰まった状況にラッキーにもおかれ、

元来のおしゃべり好きもあいまって、

自然と、間違えることも含めて、他の言語を話す楽しみを見つけていったのかな

そんな風に今は思います。

 

よく考えたら、彼女の一番のすぱるたの生徒は、むしろ私ではなかったか!

 

まずは開けてみてください。

彼女は愛の人。厳しいがユーモアのある言葉の数々で

あなたの新しい扉を開けてくれることでしょう。

 

きっと、世界が変わって見える。

さぁ、Mの世界へようこそ(笑)!

 

 

元専務 ナオ

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

More information about us

 

「英語のすぱるたセミナあ&チューター」公式 Websiteはこちら

 https://www.eigonosuparuta.com

「英語のすぱるたセミナあ&チューター」Instagramはこちら

 https://www.instagram.com/eigonosuparutaseminar/?hl=ja

 

 "Green e books" Twitterはこちら

 https://twitter.com/green_ebooks

 "Green e books" Facebookページはこちら

 https://www.facebook.com/greenebooks/

 

 講師いわさきゆうこ(英語・占星術鑑定&WS)の Websiteはこちら

 https://www.astropatchouli.com

 講師いわさきゆうこ(英語・占星術鑑定&WS)の Instagramはこちら

 https://www.instagram.com/yukorology/

 

 全てのお問い合わせはこちら

 aus.astropips☆gmail.com(☆を@に変えてくださいね!)

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:学問・学校

| シュフ ゆうこ | チューター感想 | 03:25 | comments(0) | - | pookmark |
| | |









iPhoneImage.png
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE