シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
グッドバイ2007。ウェルカメ2008。


こないだ紹介した(コチラ)

短期間インターンをしていて、こないだ
米国へ帰国したフランシスから
クリスマスボックスが届きました。

色々考えて、送ってくれた、プレゼント。
そして
自分で作った
「クリスマスカード」が。

可愛らしいやつだなぁ〜と
思いながら。

そしたら
もう一つ封筒があって
カードが入っていました。


そう、タロットの3番、
The Empress (女帝)のカード。

実はフランシスはタロットが読める子で
私も
占ってもらいました(笑

もう結構長くやっているそうで、
専用のタロットなんかも持っていて専門的。

その
彼の手紙によると、私は
「The empress (女帝)」なんだそうです。(汗)

彼は22枚のタロットのカードを核心を持って
22人にそれぞれ合うものを配り終えたら
ボクは天国なのだ、
と書いてありました(笑)。

そのなかでも、私は
確実に「女帝」なのだそうです。

女帝は母性、豊作、セクシュアリティー、霊的要素、
支配を表すのだそうで・・・。

まあ、要するに、
フランシスにとって「オカン的」であったということ
でしょうかね。。。

しかし、
この「女帝」というイメージ。
実は幼いころより
私が憧れ続けたイメージになんとなく近いような気がします。

本当の自分はまた別ではあるのですが、

(こうでありたい)
と思う自分のイメージというか。

いつも「お姫様」よりも
雰囲気
「女王様」なオトナな権力を持った
女に憧れたという記憶だけが残っているような。

(しかし、近年ワガママなので「姫」とか言われるので
現実は女王様ではないと思います。)

うん、
妙に納得するポジションをもらったような気がしました。

22枚の大アルカナカード、
この全てのキャラクターにマッチする人に
私も出会うのでしょうか。。。

今年もこのてんちょうのブログにお付き合い
いただきまして
誠にありがとうございました。
おかげさまで
アクセス数も、なんだか増えたり、
コメントはないのに、よく別で感想をいただいたり
します。
なんか、読んでいただいているんだなと思うと
不思議なというか、もっと、きっつい、オフレコな内容の
事を書きたくなる衝動を押さえたりするのが
大変ですが(笑)、
なるべく読んでくださる方全員が、ちゃんと理解できる
内容になるかどうか、とよく考えたりしております。
といえども、かなり自己満足ですが・・・。

とりあえずありがとうございます!
来年もこんなてんちょうですが、どうぞよろしくおねがい
します。。。

皆様よい〜お年を〜

The Yoga Deck: 50 Poses & Meditations for Body, Mind, & Spirit
The Yoga Deck: 50 Poses & Meditations for Body, Mind, & Spirit
Olivia H. Miller, Nicole Kaufman

来年こそは絶対週に2回ヨガしたい!!!
| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Green e books のクリスマスパーティー


Green e books のクリスマスパーティーです

よかったら予約の上参加してくださいね
面白くしたいと思います。

今週日曜日23日は

Green e books のクリスマスパーティーです
しかし、
いつものようなパーティーではなく、

「英語でしゃべる★クリスマスナイト」
です。

外国人は日本語でしゃべるナイトでもよいのですが
日本人も全て英語で、という夜です。

参加費2500円(飲み物食べ物付き)
(要予約)

てんちょうのセミナーに参加した事が
ある方は2000円になります
そして
参加者は300円以下のユニークか、クリエイティブな
プレゼント持参でお願いします。

予約のみの受付です
申し込みはコチラへ
075-751-5033
info@greenebooks.net

ついでですが
24日のクリスマスイブの
13:00-15:00 には
わたしてんちょうの
「英語習得セミナあ」が京都教育文化センター303号室で
あります。

イブの真昼間から私の英語が簡単になる話なぞ、
聞いてられないかとは
思うのですが、
イブに、「なーるーほーど〜!」と
デート前のネタを仕入れるのには
いいのではないかと・・・。
そしてなんとなく夜に備えてワクワクする気分に
なりたい方もどーぞ(笑)。

参加ご希望の方は
コチラまでどうぞ 075-751-5033
詳しくはコチラ




全然話かわりますけど

そういえば・・・
先月私のインタビューを載せてくださったブログが
ありました。

布ナプキン使用に関するインタビューなので
殿方はなんとなく微妙な話題かとは思うので
自称変態な方か、もしくは女性に関心のある、世の女性の
理想のダンナさまにしたいような、人間の
普通な事だ、と考えられる素敵な男性のみ
見ていただければ幸いです
コチラTipua Talk


ブッサイクに笑う私の写真が(恥)。。。
なんで笑うとこんなブッサイクなんでしょうね。

もう30年以上の付き合いになる
「てんちょう」という
この殻は、笑うとブサイクかも知れませんが
ご愛嬌のある、
乗り物ということでやっと、この年になって
諦めが付きましたよ(笑)。

車だって
そりゃーポルシェは皆が「素敵だ」と思う
スタイルかもしれません。
ビートルや、クーパーが「オシャレでいいわ」
なんて見た目のよさを絶賛されるのは
そりゃあ気分がよいこと。

でも、なんとなく、
あの車、ぼろいし古いけど
前からみた顔がかわいいよね
とか
ないですか。
よく走るし、とか。

燃費がいいとか。

必ずしも、デザインだけで、乗り物は
判断できない、というか。

今年聞きに言った京大で行われた講演
スワミアーナンダ先生の「ヨガとは」で
言われてとても心に残ったのが

「私達は肉体という乗り物にのっている」

事。でした。

だから実は心や魂 と、体は実は別物で
と思うと不思議と、そこまで
見た目へのコダワリに執着する何かが
私の中でフト変わった気がしたのです。

あの人かわいいよね =あの車かわいいよね
あの人スタイルいいよね=あの車フォルムがかっこいいよね
あの人細いよね =あの車幅が狭いよね
あの人太いよね =あの車大型車よね
あの人モテるよね =あの車よく売れてる車よね

と、変換すると、さして
これまでウラヤマしかった褒めコトバが
たいして褒めコトバではない事に気付く・・・。


そこから、
外見へのコダワリというのは
何か少し、違うんではないだろうか、と思いました。

「ヨガ」の鍛錬をつむ、というのは
ここでいう
車と運転手を一体化してしまうこと?

・・・・?あれれ?


なんだか自分で書いていてなんだかよくわからなくなって
来ましたが、とりあえず、言いたいのは
人は見かけで判断できないってことですよ(苦笑・・・
ごまかしてみる)

なので私のブサイクな笑い顔もご愛嬌で
許してくださいってことです(笑

というわけで
私は布ナプキンを様々な理由でオススメしてます
コチラ

| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 14:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
通信不可


(てんちょう自分のブログに初登場)
(最近勝手にボランティアスタッフを始めた、フランシスというアメリカ人のスタッフが勝手に取った写真・・・。またこの不可解な
フランシスというスタッフについて紹介したいと思います)


大変申し訳ございません!

Green e books のウェブサイトを見ようとした皆様!!

今週トップページが見れなかったと思います。
私がなれない更新をしてしまい、FTPという不可解な
機能を触ったからだと思われます。

慣れない事をするとダメですね。。。

とすると
月曜日から
メールの受信とインターネットが見れなくなりました。
かなり焦りました・・・。

店でのほとんどの業務はインターネット上で行われます。

正直困りました・・・

しかーし
すごいっすね〜
ADSLの回線、サポートセンターに電話しました
自動音声のみの対応
「むうううう!!!ふざけとる!機械だなんて!!」
と憤慨しつつ、
ガイダンスに沿って
モデムが故障かも、という項目を
プッシュ。。。

「少々おまちください、コチラから電話回線を
利用して機械の状態を調べます・・・」

と機械音声がノタマウ・・・

なんちゅう時代やねん・・・

機械が回線を使って調べてくれるだとは・・・

と思っていると
「モデムは故障の恐れがあります。早急に
新しいモデムとの交換の手配をいたします・・・
2,3日お待ちください・・・」

・・・なに?
手配されてしまった・・・。

ていうか
回線で壊れたとかよくわかるよね・・・。

すごい時代である事に気付く・・・、はい・・・今更ね。

その電話がおとつい、
本日 少し出かけて帰ってきたらモデムが届いて
おりました。

壊れた方をつなぎ変えて
やってきた箱に
壊れたやつを入れてそして
佐川急便のオニーちゃんが
回収しに来ました。

つないで5分、インターネットは正常に。

うぉ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


今の時代、こんなに手続きや、故障交換が
簡単って。。。

ちょっと感動しました。

そして、
火曜日、イズミヤで海鮮丼の材料を買い、
家に帰って鍵を開けようとしたら
携帯が落ちて、
曲がる部分のプラスチックが
収まらなくなって
携帯が半分しか空かなくなりました。

使えるものの、なんだかかなり壊れた様子。
確かに携帯を新しくしたいとは思っていたけど・・・

なんて
思っていたら
モデムも故障、携帯も壊れる。

通信機器も、健康も、壊れないうちは
それが当たり前。

壊れて気付く、その「大事さ」。

そして、バカみたいに忙しい時に
モデムが壊れていたなら、
恐らく発狂率x50倍だったでしょう・・・

機械も皆さんいたわってあげましょうね〜


はっ!!!

明日は
「てんちょうの英語短期習得セミナあーダイジェスト版ー」
@京都教育文化センター303号室 にて
18:00-20:00 です

予約余裕です!是非どうぞ。
今年も後数えるほどですので〜

そして私の師匠についてエピソードをこないだ少し書きました
その内容はコチラへ



Like the Flowing River
Like the Flowing River
Paulo Coelho


そう、私は「アルケミスター」。
有名なアルケミストの作者がパウロコエーリョ。
この本は
コエーリョが書く、エッセイやコラムを集めた
短編モノだらけ。だから1ページか2,3ページで終わるこの本は、
読みやすい。

しかし、書くのはコエーリョ。

そして、やっぱり、物語でなくとも、この人の
書くものは好きである。
というか、この人の人生感や考え方、
物事のとらえ方にとても親近感を覚える。

キリスト教が頻繁に出てくるのでその部分は
共感もできないし、よくわからん部分も
多いけど、宗教により、それをリジェクトはできない。

しかも、この本は日常の出来事や思いを書き綴って
いるコラム集。
そして
彼に起こる、起こった、「アクシデント」の種類が
とても近しく感じるのだ。
その起こり方、引き寄せ方にどうしても親近感を
覚えてしまうのはなぜだろう。
本屋なのに、そんなメジャーな本を紹介するの?
って思われても構わない。
メジャーでもいい、私はこの作家は、ある意味私の
・・・「ガイド」でもあるから。

コエーリョの本は、Green e books でも
人気のある本。必ず全てがすぐ売れていく。

その本たちは、私は
「読みたい」という意思はない。

何気にGreen e books で本棚を見ていると落ちたり、
何気に手に取るととてもその時の
テーマであったり、
何気に「呼ばれる」本である。

でも、そのテーマが今の私に沿っていないと
絶対呼んでくれない。
という不思議なコエーリョの本たち。

しかし、このエッセイは例外的に
読みたいと想い、購入した本。

現在読書中ですが、やっぱり「呼ばれて」いたようです・・・。





| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
英語で★楽しー夜のお話
最近ブログを閲覧してくださっている
数が増えているようで・・・
嬉しい限りです☆

実は先々週の水曜日の
産経新聞夕刊で「てんちょうの英語短期習得セミナあ」の事を
取り上げてもらいました☆



実際セミナあに参加してくださっていた
ライターさんが書いてくださっていたのですが、
記事はありのままに
ライターさんが感じた事を書いてくださったようで
しかもかなり素敵な文章で
とても嬉しかったです。

「英語習得の秘密!」とか
大げさに書いてあるので、
大抵セミナあにチラシを見てこられたからは
なんとなく、私の顔を見て拍子抜けする
感じの表情をされる方が多いんです。
(どんな顔の女性を想像されているんだろう・・・)


でも、2時間話を聞いてもらうと、
聞いている人々の表情が途中から凄く変わっていくのが
実はとても興味深いんですよね。

エ〜英語ってそんな簡単だったんだ!
と思っている表情というか。

しかし恐らくおうちに帰られてから、
英語に触れると
「やっぱりわからんぢゃないか!」

なんて思っている方も居るだろうなぁ〜
と思ってそんな人々が、「確実に」成果を
感じられるイベントがほしかったんですよね。

それが
『英語でしゃべる★ナイト in Green e Books』

どんな風に魔法にかかるかというと・・・二時間だらだらと、
ビール飲んで、ワイン飲んで
お菓子をつまんで、ひたすら英語でオしゃべる。


でも、どうやら
これで火がつく人もいるようで。

特に参加した日の夜中、スタッフのYヘイ、
「めちゃめちゃ面白かったですやん!!!
しゃべれんのが悔しくて、英語絶対話してやる
っておもいましたよ」

との興奮気味の電話。
参加スタッフは1時間も立てば、
一番リラックスして話している様子で。

まだ2回しか
やってないのに、どちらも参加した人はみんな
興奮気味の様子。
7時から9時までなのですが、
9時になったのでお開きにしましょうか、
と日本語で話すと
会話で大盛り上がりの皆さんは
「え〜もう終わり〜?」といった顔をされてました(笑
外国人の参加者でさえも・・・



参加されたある方が
mixi にてこんなコメントを・・・
「 昨日のしゃべるNightは前にも増して活気があって
楽しかったよ〜。やはり変な英会話学校よりああいう
イベント参加する方が英語出来るようになると思うわ。
他人が会話してるのを聞くのが一番ためになると思う。
経験者語る。」


興味のある人は参加してみてくださいね〜★


毎月二回!
第ニ金曜日&第四日曜日@Green e books 19:00−21:00
要予約(飲み物と食べ物の準備がありますから)


Saturn: A New Look at an Old Devil
Saturn: A New Look at an Old Devil
Liz Greene

こないだこの
「土星」による私達の人生に対して
影響を読み解く本を譲っていただいた。
29年か30年に一度、サターンという土星は
生まれたときにあった位置から天体を一周して
元の位置に戻るという。

それが
「サターンリターン」と呼ばれる現象で
まあ、日本の言い方で言うと
「厄年」
とか、「ダイサッカイ」みたいなもの
といえるのかもしれない。

サターンリターンは決して29年に一度の
大幸運とかいう星回りではなく、

かくゆう私自信も
まさしく
「サターンリターン」をどうやら去年経験している。
結構
強烈な「トホホ」な日々をみんな経験する。
ようだ。

恐らく私より2歳上の友人が
こけて歯を折った時もツイてないときが
続いた時が4年くらい前にあり、そのとき
ちょうど「サターンリターン」だったのでは?と思う。

みんな30年が節目なのかもしれないのですね。





| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
グレープフルーツ


実は7月の終わり頃から
ルビーグレープフルーツにハマっていました。

残念ながら妊娠をしていたわけではありません。
なんとなく、
近くのオーガニックスーパー「ファーマーズ」で
買ってみたらものすごく
美味しかったので
中毒のように買いにいっていました。

他のスーパーよりも倍の値段がするから
美味しいのは当たり前なんですが
なんともいえないプルプルした
大きい実の甘さがどうしても止められず・・・
という感じでした・・・

また、あの香りがすごい好きで。

しかし最近、味が落ちてきたのです。
もう、甘くなくなったうえにまた20円
値上がりしている・・・

フツーのグレープフルーツは嫌なんです
ルビーじゃなきゃ・・・

そういえば、
何年か前、私はフロリダに住んでいました。
フロリダはグレープフルーツの産地。

最初にホンモノのグレープフルーツの木を見たときには
なぜかちょっと感激★


だって、あんなでっかい実が
ぼこぼこと木にぶらさがってるんです
さぞ重たいだろうよ、といった
表情の木。。。

っでも緑に輝く黄色のグレープフルーツって
なんだか
「自然の恵み〜」。

そういえばオレンジジュースも安かったなぁと
思います。
ほとんどがトロピカーナな味がして・・・。

私が住んでいたのはディズニーワールドの近くなので
あまりなかったんですが、
友人のマイアミの伯母さんのうちには
マンゴーの木が1本庭に育っていて、
そこから取れたてのメキシカンマンゴーをジュースにして
出してくれたのを思い出します!

あのマンゴージュースは忘れられない・・・。
そういえば道でアボカドとかも売ってたなぁ・・・。
そのとき付き合っていた彼が
「道でこんなものを売っていた」
と毎回会いに来るたびに
ハチミツや、アボガド、グレープフルーツなど
道路ワキの買い物を自慢されていたような(笑

朝のグレープフルーツは金って何かに
書いてあったなぁ・・・



ごめんなさい・・・冴えない日記で・・・。
とりあえず何か書きたかったんです★

Grapefruit: A Book of Instructions and Drawings
Grapefruit: A Book of Instructions and Drawings
Yoko Ono

オノヨーコ先生の
グレープフルーツ。
説明するのもなんだか安易な気がするけれど・・・

「●●●しなさい」

と、命令口調の彼女のインスタレーションアート。
ある意味
M男やM女にはたまらないアートかもしれませんね〜

私は息詰まったときにこの本を見るのが好きです
| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日18日です
こんちわ!今日はレッドブルを飲みながらの仕事★

ヘタってます!!!

そーしーてー!
明日も
「てんちょうの英語短期習得セミナあ −ダイジェスト版ー」

です

最後のウイングス京都での開催。
10月からまた場所変わります。

平日夜なのでガラ空きでーす★
是非聞きにきてくださいね〜
場合によっちゃ〜
個人的なカウンセリングも受け付けます!



9月 18日(火) 18:30〜20:30(会議室5にて)


●場所:ウイングス京都
(東洞院蛸薬師、烏丸四条から徒歩5分)

参加費:¥3800(当日支払)

注)英語を使う場面はありません

★明日は是非飛び入りを!


で、明日が無理なら
コチラへどーぞ
アールプールさんでのてんちょう特別セミナあでーす



Around The World In 80 Dates
Around The World In 80 Dates
Jennifer Cox

今日ぱらぱらとめくっていると
ちょっと面白そう!と思った本。
ガイドブックロンリープラネットの
編集者の彼女が
「運命の人、ソールメイト」を探しに
一生に一度の「世界一周デート旅行」に
出かけた
ノンフィクション!

正直ちょっとそこまでされると
頭が下がりますね。

結局この人は運命の人に出会ったのか?!

結末だけ読んだので
結構「なるほど〜」と思いましたが
ちょっとこの本読んでみたいと思います。

女のロマンですね★



来週月曜日までハードカバーの本「全て」半額です
アートブックとかもですよん
| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Honey Ant !


こないだ北野白梅町にある、
友人のカフェ
「Honey Ant」 さんにお邪魔しました!

実は5月オープンしてたのに
私はまったく行く機会なく、やっと。
初めての来店(苦笑)
いまさら「祝開店」のお花もっていったりして(笑)。
(ほんとすみません)

このhoney Ant さんは以前知恩寺の
手作り市で一緒に出店していた
お友達。

手作りのモチモチベーグルが有名で、
いつも完売。

毎回私もこのベーグルを楽しみにしていました。

そんなベーグルや、パンが食べれる素敵な
お店がオープンしていたのです!

お昼は私は
豆バーグのサンドイッチを。
連れは
チキンカレーとナンを。

写真を撮ろうとおもっていたのに、あまりにもおいしそう
だったので必死で食べてしまいました(笑)

そんでもってやはり美味しい。

ランチの時は
キッシュプレート、サンドイッチプレート、
スープセットなどが主で、夜はダイニングも。
夜はパスタなんかもあるそうです。

し、しかも1時までやってるらしい!すげー
遅くに、感じがよくて、
おいしいもの食べれるところって少ないけど
ここなら上手いもん食べれるではないですか!
しかもここのクッキーやバターケーキの焼き菓子も
おいしい。お土産や引き菓子なんかにもいいかも!!!



友人なので「ひいき目にかいてるんじゃないの〜?」なんて
思ってるかもしれませんが、そう思う人は是非
足を運んで見る価値ありです。

サイトはコチラから



てんちょうがウマいと言ったらウマいんです!!!


おなかいっぱいになったところで、
私と連れはカフェを後にし、ミーティングで集まったので
打ち合わせをするべく
別の場所に移動するはずが、

「市内からでてみましょう!」
という話しになり、
呪いのわら人形で有名な、
いや、

縁結びで有名な貴船神社へ参ってきました。

貴船神社はいつ行ってもなんだか
神聖なる気持ちのするところです。
怖いとも言われますし、雰囲気が確かに怖いですけど
怖いだけのオーラがある
なんだかとても不思議な場所です。

特に
いつも私が不思議に感じるのは
「貴船神社の木」。

一本から二本に生えたり、一本の木の周りを
支えるように細い枝が周りを囲ったりと
特殊な木が多い。

それは明らかに植物の土台と
なる、土のミネラルや、水のイオンに何か
秘密があるのかと思われます。

磁場が違う!磁場磁場磁場〜

ものすごく「気」の多いところ
だそうですけどね。。。

ちなみに

私は毎回「貴船神社」に参ると
軽い圧迫感のある頭痛がします。

インドの聖地ハリドワールに二日滞在した際も
軽い圧迫感のある頭痛がしていました。
それは
いやな頭痛ではないのですが、
じゃっかん重い感じがするもの。

水が大量に流れる場所に行くと
頭痛になるのです。

なんとも不思議なことですが(笑

そして「縁結びの神様」でゆうめいな貴船には
水占いみくじというのがあって
貴船神社は水の神さまであることから、
境内の霊泉に浮かべると水の霊力によって文字が
浮かんで見えてくるおみくじがあります。

そのみくじを選ぶときに
ちょっと集中して選んでみました。

そして・・・

水につけるとだんだん文字が浮いてくる

「願いは成就するでしょう・・・」

うほほほほ!大吉です。

そういえば、お店をオープンした年、私は
気合を入れて着物を着て、生田神社に初詣
に一人行きました。そのときも集中して選んだら
「大吉」
すげー!

こういうちょっとしたことは気持ちを
後押ししてくれてうれしいですね。

しかも貴船神社は縁結びの神様といわれていて

恋愛:願いは必ず成就する

とありました〜なぬー超期待、期待!

そして〜
今週もありますよん★
++++++++++++++

てんちょうのセミナー
最近ますますグレードアップ??
昨日セミナーに参加くださった方は
時計を見て
「え?もうこんな時間?」と言われました。

それってすごく楽しんで
くれてるって事ですよね。
私の話が面白いと思ってくださって
ありがとうございます!

9月2日@京都教育文化センター
14:30-16:30
9月4日@ウイングス京都
18:30-20:30

詳細はコチラでどうぞ

是非ご参加くだっさいね!

The Che Handbook
The Che Handbook
Gareth Jenkins, Hilda Barrio, Andres Castillo Bernal

すみません、個人的な趣味です。
私の憧れのキミです(ババクサイ言い方をしますと)。
世界で一番セクシーだと思う男。

チェ〜様☆
(あー怒られる〜こんな書き方したらー)

そう南アメリカの英雄 チェゲバラの
フォトバイオグラフィーです。

彼の日記に綴った言葉や、実際の格言なども
含め、チェさまの写真がたくさん。

オーラまで伝わってくるような迫力のある
人間だというのが分かります。

今日スタッフが
「チェー様の特集ビレッジバンガードでやって
ましたよ・・・」

と。
そうか、世間もチェ〜様に・・・。

くぅ〜! 競争率高し。



| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 20:08 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
理想の結婚★愛すべき人々


久しぶりに、私の愛すべき人々、

「てんちょうの両親」

に会いに実家に帰ってきました。

といっても、私の実家は神戸からすぐの場所。
さして遠くないような、遠いような。
車だと1時間とちょっとなんだけど
電車では2時間半かかるという意味不明な
場所です。


私のいえは
もろ典型的な明るい関西の家庭でした。

土曜の昼は吉本新喜劇で腹を抱えて、
日曜の昼は新婚さん、いらっしゃい!みたいな(笑)


父親は「日朝ビ族」(日曜の朝からビール)
の仕事が大嫌いなマジメな公務員でした。

(この人は全く公務員に見えない。どっちかっていうと
輩っぽい、と思う。)

前にも出てきましたが、彼の名言は
「遊ぶように仕事せよ!仕事をするように遊べ!」

の通り、
日ながら冗談大好き、隙あらば
オヤジジョークが容赦なく飛んでくる、
「筋金入り」の関西のオヤジなのです。

(パリはパリでもサッパリや!が去年のお気に入り)


母親は比較的穏やかな印象の人なのですが、


実は今年の初めに彼女の手相を見てちょっとびっくり
したのでした。

モロ「カワリモノ」の手相・・・。

父親の方がカワリモノかと思いきや、
そうか・・・アナタだったのね・・・という
感じ(笑)。

天ボケな母親と、オヤジジョークマスターの父親の
間に出来たのが「私」と、整体師の兄です。
(そう私の兄は神戸で整骨院を営んでおります・・・)
場所はコチラ


まあ、私達はいいとして、この愛すべき両親が
ココ最近はまっているのが

「山歩き&温泉」

2泊3日で長野や、群馬の方へ山登りに行ったり、
自然と温泉の醍醐味を味わいに
頻繁に出かけているお二人。

「ちょっと●●岳へ行ってきます」
という
メールがたまに入って、
その次の週当たりに、
「行った先の美味しいもの」を
送って来てくれたり。

こないだは「はちみつ」を。
(私は蜂蜜だいすきなんで)

そして何より、毎回実家に帰ると、
ご飯を食べ終わった頃に出てくる・・・

「みてみて・・・これ、こないだの写真!」
(来たよ、出てきた)

大抵、地名が書いてあるプレートの前で
二人とも交互に写真を写したもの。
(いい年してもちゃんとピースはしてくれている)

風景の写真。

植物の写真。


大抵パターンが同じ写真なので
私的にはあまり違いがピンとはきてないが
仲睦まじく、交互に取り合っているのがわかる。


写真発表の後、大抵は父親による、
「(今回の)山登り試写会」
が行われる。

彼はビデオカメラ担当で、
毎回30分から1時間ほど、山のぼりの綺麗な
風景や、旅館の母親の様子などを
ビデオカメラに収めて帰ってくる。

なによりも笑かすのは

「自作自演ナレーション」

『はい・・・やってきました●●岳。
(母親を写して)はい、お母さんはコチラですね。
だいぶ年とりました・・・』

とブツブツと喋っている。

ここ何年も山へ出かけるたびにビデオを録画するので
今回はなかなか
カメラワークの腕が上がっていた(笑)。

彼は
記念すべき第1回目の黒部ダムにての
初録画旅行で、
しっかり色んなものを撮ってきたぞ!と張り切って
兄に見せようとしたら

『・・・・なんにも写ってない・・・』
(チ〜ン)

という、悔しくも父親として、
やってはならない、に等しいオオボケをかまして
しまい、母と兄から大ダメだしをくらった
という輝かしい過去の持ち主である。
(なんちゅうお決まりのボケだろう・・・)


そして、あまりにも彼は悔しかったらしく、
次の年も、録画できなかったリベンジを
果たすべく、
再度黒部ダムへ母親と出かけたのです。

そんな
いつものパターンの
山登り上映会を笑いながら見ていると
本当に
私の愛すべき両親は仲が良いなと思う。

60才も過ぎ、二人で
好きな山へ出かけ、お互いの写真を取り合い、
美味しい物を食べて
息子や娘に旅の『バカ』エピソードを
われ先に!と競うように話し出す。
二人とも同時に話すので、どっちの
話を聞いていいのかいつもわからない(笑)。


こんな
両親から私は
「早く結婚せよ」と急かされてはいるものの、

そんないいお手本を見せつけられると
理想も高くなるやろ・・・といいたくなる今日
このごろのてんちょうでした。


なんとも幸せな家庭に育ったもんです。
いつまでも仲睦まじくゲンキで
居て欲しいなあと思う「愛すべき両親」の登場でした。

あ!お知らせ
今週もあります
迷ってないで、早く来なさい(笑)

恐らく父親の血を引き継いだようで、
人前で喋るのもとても楽しんでます(笑


「てんちょうの短期英語習得セミナあ
−ダイジェスト版ー」

お好きな日を選び、ご参加ください。

8月26日(日)14:30〜16:30
9月2日 (日) 14:30〜16:30

場所: 京都教育文化センター 
303号室にて
(京都大学病院南側)
http://www2.odn.ne.jp/kyobun/
Green e books より徒歩5分

8月 30日(木) 18:30〜20:30(会議室6にて)
9月 4日 (火) 18:30〜20:30(会議室4にて)

●場所:ウイングス京都
(東洞院蛸薬師、烏丸四条から徒歩5分)


詳しい英語ネタはコチラ
くだらんヤバイ!洋書屋てんちょうのセミナー



■●■●■●■●■●■●■●■●■●■●■●■●

そして
ちょっとタッチを変えて...

Green e books には今レギュラースタッフが
7人?居てくれてます。
それぞれ色々興味の分野は違うのですが、
そのうちの一人、
スタッフの『KANAE』チャンは洋文学が
大好き。

色んな本を読んでいるのでレビューを
たまに書いてもらう事になりました。

私のブログでですが、これからチョコチョコ
『Kanaeの不思議書評』
を発表しますね。

本日はコチラ!


■●■●■●■『Kanaeの不思議書評』■●■●■●■●
Affinity
Affinity
Sarah Waters

 19世紀イギリス、ヴィクトリア朝時代を舞台にした物語。
あらすじは、刑務所の慰問で訪れた上流階級の婦人である
主人公が不思議な霊媒の少女シライナと出会い、徐々に
奇妙な現象に巻き込まれてゆく。
 サマセット・モーム賞を受賞したことでも知られるこの
作品の一番の面白さは、心霊モノなのかそれとも推理モノ
なのかが最後の最後まで区別できないように巧みに書かれ
ているところ。
ジェット・コースター・タイプの小説で一度読み出したら
結末が気になって最後まで一気に読まないと気がすまない。
 本作品を含め作者のサラ・ウォーターズの作品の特徴は
19世紀イギリスの庶民が主人公であることと女性観の同性
愛がしばしば描かれることだが作者自身は、この時代の庶
民のありのままの生活を再現する事、女性の同性愛を描い
ているものが少ないのでありのままを描いてみたい事が
こういったテーマを扱う動機だと説明している。
ミステリーとしてだけでなく、一種の歴史小説として
読んでも読み応えのある一冊。
(スタッフ Kanae)
| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日焼けの跡

お盆に
スタッフがビーチに連れて行ってくれました。

スタッフの Dが10年ぶりに海に行きたい!と
言い出し、そして
なかなか連続のやすみが取れない私を
連れ出してくれたのです。

久しぶりのビーチ!



なんだかものすごく久しぶりでした。

久しぶりに
青白ーくなった肌に着る水着は
ものすごく恥ずかしいものがありましたが
(年齢もあるし・・・)
でも
そんなことよりも
焼け付くような日の下でのんびりする
事がどんなに大事か、なんだか
思い知ったような気もしました。



久しぶりに入った海は私を優しく迎えてくれた
ような気がして、
途中からは浮き輪でさえも
うっとおしく感じた私は

何も無しで泳いでみたくなりました。

すると、なぜか
苦労なく、泳げるのです・・・。

あれ?こんなに体ってちゃんと浮くの?

と思うくらい。
バカか、と思うかもしれませんが
なぜか人魚になったような開放感。

自由自在に体が動いてするすると
水の中を移動。。。


そう、中学校の頃、私は水泳大会で
いつも上位。1位もあり・・・
泳ぐのが得意とはいえ、ココまで泳げるとは
本人もびっくりなもんでした。

若干不思議なくらいでした。


お盆に海で泳ぐな!とかよく言われますが、
足とか引っ張られたらどうしよう〜とか
冗談で言ってたものの、
引っ張られるとかよりも、
誰かが沈まないように動かしてくれているような
そんな感覚でした。

しばし、8歳くらいに戻って
人魚の気分になってはしゃいでいました。

水の心地よさってこんなに
気持ちよかったんだと実感。

私は 蠍座 で 辰年。癸(みずのと)な人で
どんな占いでも、
おみくじでも、いつも「水」「水」「水」。



私達が行ったビーチは
「水晶浜」。

若狭湾でも人気が高いといわれるビーチでしたが
若干多国籍でものすごい不思議なビーチでした・・・。

来ている人々の4割くらいが、スペイン語を話す
ラテンの人々。。。
家族連れ、ナンパ青年、カップル・・・。

何でラテン?

ビーチの放送にはスピーカーからヒカルゲンジの
曲がかかって
「なんてセンスがなくて迷惑なんや!犯罪やろ!」
と激怒していると

それをさらに上回るほど ものすごい爆音の
車が浜に止まる。

ものっすごい陽気で
ラテンなダンスミュージックをぶっ放し始める(笑

(これはてんちょう的にはありでした)

それまで2,3箇所で車にスピーカーを積んで
ある程度大きな騒音を立てていたラテンの人々も
黙るくらい、うるさい(笑)。

沖でも余裕で聞こえる、DJッぷり?

そんな感じでラテンのりで盛り上げてくれている
人々だったけど

・・・一体・・・。

なんとも謎の多国籍ビーチ。

また機会があったら行って見てください。


そして私達はご機嫌よく撤収し、
近くの若干「千と千尋の神隠し」
の雰囲気な出てくるような温泉によって

そのあと、
謎のドライブイン「松風」へ。

(この松風の看板の写真がないのが残念)

そこで豪華な海鮮丼を堪能して
家路に着きました。



夏休みって・・・いいですね♪

O¥'s Guide to Life: The Best of O, the Oprah Magazine (The Best of O, the Oprah Magazine)
O¥'s Guide to Life: The Best of O, the Oprah Magazine (The Best of O, the Oprah Magazine)
Editors of the Oprah Magazine

8/18の今日の良いことば

"Listen. Pay Attention. Treasure every Moment."
-Oprah Winfrey
(心の声を聞き、気を配りましょ。どんな瞬間も大事に
しましょう)

日本では知名度の低いオプラウィンフリー。
米国での
日本でいうところの「みのもんた」とか「上沼恵美子」みたいな。

彼女のトークショーがお茶の間をいつも釘付けにする。
彼女がすごいのは、
10億ドルレベルのセレブであり、
出版社も持っているし、
書評もする。 オプラのブッククラブというシリーズの
洋書もある。

米国でヒラリーさんの次の大統領候補とか
言われているらしい。

この人は、一時期 えらく太り気味だったのに
晴れてものすごく痩せて綺麗になったりする。

やるって言ったら、やる、そんな女なのです。

見せ方が上手というか、巧みな喋りに、
そして知的なサイドもありありと観られる。

わたしは素直に、彼女が書いた格言が
大好きなのです。

一番好きな言葉が
"This is the body You've been given.
-love what you've got."

(その体はあなたに与えられたもの。
その与えられた体を愛してあげましょう。)

世の中は、過剰広告にあおられ、
特に日本では自分の体に自信のない婦女がたくさん
います。
でも
健康であることで、美を引き出せることを
なかなか気付けないのも現状。

私も肥満っ子だっただけに自分の体に
対するコンプレックスを持ち続けてきました。
でも、痩せる努力とイメージを
克服してこそ今、この
格言が大好きなのです。

良かったら調べてみてくださいね、
Oprah Winfrey.





| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 18:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
海よりも深いその本



いまさらながら、
ヘルマンヘッセの「シッダールタ」を読み終えました。

英語は非常にシンプルな本だったので
逆に日本語訳より解りやすいひょうげんだったのかも
しれません。

タイのSocial Activist 社会活動家、
Chaiwat Thirapantuさん

が「私の人生を変えた本なので必読の事」という形で(笑
強引に読まざるを得なかった、という本でもあります。

しかし、このシッダールタは長いこと私の
「読みたい本」リストに入ったままでした。
それをチャイワットさんは
救ってくれたのですから、ありがたい話です。

このチャイワットさんは
長年タイの市民運動や、革命に関わって、きた
平和戦士なのです。
この人と、仲良くなったのも変なきっかけでは
あったのですが、
この人のお話は 60年近くになる「経験」と
「コネクション」に基づいたものなだけに、
正直重いコトバがたくさんあります。


そのチャイワット氏が薦めるシッダールタが軽いわけは
ありません。

そして、いつものように、私は本に没頭してしまうのです。

重い。
主人公のシッダールタは「探し続ける」旅の意味を
やっと最後にしるのです。

ゴールは何のためなのか。
何のためのゴールなのか。

そして
私の脳天にチョップしたシッダールタの一文


Wait, be patient and Listen.



深い本ですね。
人生の謎 を明らかにする本、とか言われている
この本、確かに私のように
「なぜ?なぜなんですか?」と
四六時中不思議がっている人間には
もってこいです。

そして
英文が読める方は是非、タイ国民の心を動かす
チャイワット氏の文を読んでいただきたいです

http://www.theworldcafe.com/stories/thailand.htm


Siddhartha
Siddhartha
Herman Hesse


シッダールタ
シッダールタ
ヘルマン ヘッセ, Hermann Hesse, 岡田 朝雄

そして今週日曜22日、
てんちょうの「英語短期習得セミナあ」ダイジェスト版
19:00−21:00 @ 教育文化センター

来週水曜からはスパルタ版が始まります。空きありますので
お早い目にどうぞ!


19日のダイジェスト版@ウイングス京都 の感想はコチラ
| シュフ ゆうこ | 読みやすい洋書レビュー | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| | |









iPhoneImage.png
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE