シュフの色んな旅!

元京都のマインドフルリビングストア、Green e Books(2014年5月で店舗は閉店)のシャチョー、スタッフ、講師といろんな人の書きこんできたブログです。現在は元シャチョー、シュフ ゆうこの気まぐれジャーナルです。ヨガ、占星術、瞑想、フード、サーフィン、子育て、海外、英語、などを内容に★
予想外の動きをする子どもはオモロイ

こんにちは。
バヂルです。





この時期は紫陽花も綺麗ですが
くちなしの花も綺麗ですねー。
好きな香りです。


さて双子座月間です。
今日は「好奇心」について
書きたいと思います。


小さい頃から
読書が趣味で
色んな本を読んできました。


SFだったり
ミステリーだったり
恋愛ものだったりと


その時々によって
選ぶ本は変わってますが


小説でも漫画でも
私が読んでいてワクワクするのは
先が読めない本です。


「これからどうなるの?!」と
先が読めない展開だと


気になって気になって
なかなか本を閉じることができず
気づいたら朝だったことや
全巻一気に大人買いなんてことも。


また私が面白いわーと思う漫画はどれも
何年も何十冊も連載されているので
続きの新刊が楽しみでなりません。


最近連載が開始された
「HUNTER×HUNTER」も
そのひとつで


単行本派の私は
本屋で新刊を見つけた時は
「やった〜!」なんて
心の中で小踊りしました笑。


待望の新刊は文字の量が多く
過去の伏線が明らかになったりと
この先の展開も含め
ものすっごく緻密に
計算されてるなーと思いました。


作者の頭の中は
どうなってるんだろー?と
インタビューしたくなります。


そこで思うのが
人生が面白いのも
先が読めないからなのかも
しれないなーと。


先が読めない不安や
相手の気持ちがわからないといった
不安もあるでしょうが


それでもやってみると
案外なるようになっているなぁと思うし


やらなかったらやらなかったで
慎重さや待つということを学ぶ
タイミングだったりするし


やる・やらないに関わらず
その時は無駄のように思えても
実は無駄じゃなかったりと


なんだかよくわからない
自分以外のチカラが働いているなぁと
思うことは多々あります。


科学技術が進歩し寿命も伸びて
ある程度予想がつく社会システムがつくられ
だいぶ暮らしやすくなったのかもしれませんが


それでも各地で地震などの
天変地異は起きてますし
絶対死なない命はないですから


これからも想定外のことや
不思議で不条理で矛盾に満ちたことは
起こるでしょう。


ですが、そういった驚きの世界の中で
これまで我々人間が逞しく適応しながら
生きてこられたのは


歩き始めの子どもが
果敢に自分の世界を
広げていくように


人生に好奇心をもって
進化の道を歩んできたおかげのように
思うのです。


色んなことが起こりますが
我々大人たちも
歩き始めた子どもを
暖かく見守るのと同じように


これからの自分の人生も
好奇心や関心を持って
見つめていきたいものですね◎






☆☆☆おしらせ☆☆☆





星語でしゃべるナイト☆



7/10(日)・8/21(日)





●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は



bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。







| シュフ ゆうこ | バヂル | 11:23 | comments(0) | - | pookmark |
言葉が発生する前に何が起こっているのか?

こんにちは。
バヂルです。





梅雨入りしましたね。
柔軟宮・双子座が太陽の時期に
昔から衣替えや京都の建具替えが行われるのは
とても理にかなっているなぁと感じます。


さて、双子座月間です。
今日は「コミュニケーション」を
書いてみたいと思います。


牡牛座(2ハウス)→双子座(3ハウス)という
順番がありますように


ある「言葉(思考)」が発生する前に
ある「身体感覚(五感)」が身体の中で起こっています。


どういうことかと言うと
例えば


“美味しい!”・・・身体感覚(五感) → 「これどこの?」・・・言葉(思考)


“不味い!”・・・身体感覚(五感) → 「何これ?」・・・言葉(思考)


(タイプのひとをみかけて)“格好いい!”・・・身体感覚(五感) → 「あのひとどこのひと?」←言葉(思考)


というような流れが
あっという間に一瞬で
私たちの中で処理されています。


なので、なかには「感じる」と「考える」の違いが
わからないという方もいらっしゃいます。


情報社会のいまの世の中におりますと
頭の回転やコミュニケーション能力があるほうが
社会生活で得する場面が多く見受けられますね。


そのせいか世間一般の当たり障りのない
面接などで模範解答的な受け答えや
事務的な会話はできるけれど


他人との他もない雑談が非常に苦痛であったり
とても苦手な人のことをして言われる
「コミュ障」なんて言葉があります。


かくいう私も
人前で話すのがとても苦手なのですが


話す内容うんぬんというよりは
さきに私が「苦痛」や「緊張」などの
不快な身体感覚を感じていたことから


話す(思考・水星)の前に
不快な身体感覚があるから
苦手に感じているのだということが


占星術を学びだして
その謎が解けて


いまは話す前に
「うまく話そう」としている自分や
身体を緊張させている自分に気がつき


身体を緩ませる(私の場合深呼吸します)ことで
楽に話せるようになったし
楽に聴けるようになりました。


ヨガの後
緊張していた身体が緩み
思考がクリアになるのは
このためかと思います。


その時わかったのが
よく話し口数が多く口が上手いことが
コミュニケーション能力が高いわけではないんだなぁと
自分がどういう状態であるかが大切なのだなぁと。


もちろん、そういうことが求められる
職種や場面もありますから
話術(水星)を磨いていく必要性はありますが


もし「ひとと話すの苦痛だなぁ」と
自覚があって困っている方は


話術を磨く・話す前にまず
自分の中で何が起こっているのかな?と
身体感覚を「感じて」みるといいかもしれません◎






☆☆☆おしらせ☆☆☆


星語でしゃべるナイト☆

7/10(日)・8/21(日)


●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は

bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。



 
| シュフ ゆうこ | バヂル | 23:02 | comments(0) | - | pookmark |
ブラタモリ その2


こんにちは。

バヂルです。











「どこかでみたことがある・・・」と

ずっと頭のどこかでひっかかっていたことが判明し

すっきりしたことが最近ありました。





この世には自分にそっくりなひとが

3人いるといいますが





デザイナーのカール・ラガーフェルド氏と

藤子不二雄A氏が似てると思います。





これも世間一般でいう

「アハ体験」の一種でしょうか?





さて、双子座月間です。

今日はこの間の続きを書きたいと思います。





身体が全部知っているなら

思考は何のためにあるのか?





と、私の経験談を例に

思ったことを書かせていただきました。





その時の私は、ぼーっと歩きながらも

五感(視覚)で道を間違えていることに

すぐ気づいたんですが





どうして頭(思考)を使わずに

道に間違えているのか気づけたのかというと

何度と通ったことがある「知っていた道」だったからです。





もしその道が

「知らない道」だったら





道をみただけでは

すぐに気づけないでしょうし





まず「知らない道」なら

「知っていた道」ほど

ぼーっと歩いてないですから。





みなさんも初めての場所をおとずれた時

同じような経験をしてこられたのではないでしょうか。





地図(スマホ)片手に

現在地と目的地を把握し

周りの景色や道路状況を確認しながら

進んでいきますよね。





地図がない場合でも

道行く人に声をかけたり

周囲のお店にはいって

道をたずねたりと





「行きたい」ところがあって

そこにどう行ったらいいのか

わからない場合





自分で調べたり

ひとにきいたりしますよね。





見知らぬ土地をおとずれた時に限らず

他には初めてつくる料理とかもそうですが

まずは情報や知識を集めますね。





人間の脳は我々を生かすために

集めた情報や知識から

分析したり、判断したり、理性的に「思考」して

自動的に未来を予測しようとします。





そうやって

いままでの数々の成功や失敗の経験を

繰り返し学習していくことで





自分の脳の中に新しい道が

次々とつくられていきます。





千差万別な考え方のひとがいるのは

ひとによって脳の中の道の作り方が

ひとそれぞれしてきた経験が違うからなので





相手と同じ意見でも

よくよく聴くと

そこまで至るルートが違うので

個性がでて面白いところですね。





またひとりのひとの中にも

大胆で楽観的な道もあれば

慎重で悲観的な道もあったりしますね。





そこまで情報を集めなくても

どんどん進めるような

真っ直ぐで見通しの良い道は

快適だろうし





事前準備が充分に整ってからの方が

安心して進める道もあるでしょう。





進みながらも

途中道が別れていたり

途中道が途切れていれば





不安にもなるだろうし

迷いも生じてくるでしょう。





「私」が初めて歩く道だから

不安も迷いもあって当然のことだと思います。





そんな時は

ゆっくり深呼吸しながら

疲れたら一休みしながら





トライ&エラーを繰り返しながら

一歩一歩進んでいけばいいと思います◎















☆☆☆おしらせ☆☆☆

●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎



日曜クラス 6/12(日)スタート!



水曜クラス 6/15(水)スタート!





星語でしゃべるナイト☆



6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)





●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は

bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。







| シュフ ゆうこ | バヂル | 23:42 | comments(0) | - | pookmark |
おはようからおやすみまで

こんにちは。
バヂルです。





今日はたわいもない話です。


お時間のある方は
どうぞおつきあいください。


前回のブログで
kiriアイスの情報提供を申し出たところ


早速、とある売店で売られていると
有力な情報を入手したので
即買いに行きました。(←猫まっしぐら)


まるで会いたくて堪らなかった
恋人の部屋に足早に向かう時のように


抑えきれないはやる気持ちが
地面から3センチ身体を軽くしながら
お目当のアイス売場に。


がしかし、値札はあるけど在庫がない( ̄◇ ̄;)


つい最近まで売られていたのは
わかったし


またきっと販売開始されるだろうと
一縷の希望を残して


まだ食べてなかった
ガリガリ君桜もちを食べました。
これはこれで美味しかったです。





アイスを食べ終えて
さてどうしたもんかな?と考えてると


ああ、そうだと
せっかく近くまで来たのだからと


吉田山の茂庵さんに
ランチを食べに向かいます。





10年ぶりに吉田山に登ったので
しばし道に迷います。


そんな時、山の麓で出会った
幼い子どもを連れたお母さんが


ひとり勝手に山に入って行こうとした
我が子に向かって言った


「猿がでるよー!」という言葉が
ふと蘇ります。


野生の猿は怖いけど
ちょっと遭ってみたいなと
ひとりドキドキしてると


なんのことはない
あっという間に目的地に到着しました。





平日の昼間で山の頂上なのに
たくさんのひとで賑わってました。


運動もしてきてますし
新緑の季節のいま
山の中にあるお店で食べるご飯は
殊の外、美味しく感じました。





山を降りてから
せっかくなので
足を踏み入れたことのない
黒谷に向かいます。


途中、竹中稲荷の鳥居で
白無垢姿と紋付袴姿のカップルの
撮影現場に遭遇しました。





参列者はいなかったので
撮影だけだったみたいです。


珍しいものをみたなぁと
思いつつ


そのままぶらぶらと
黒谷の方に進みます。


黒谷は緑に囲まれたとこなんだろうと
勝手にイメージしていたのですが


どうやらお墓に囲まれた墓地に
足を踏み入れてました。


一瞬戸惑いましたが
幸い昼間で明るいからと
ズンズン墓地を進んでいきますと


目の前に





なんて良い眺め!
京都の街が一望できました。


良いお墓だなぁと、暫く進むと
どこかでみたことある看板をみつけます。





あ!かの有名なアフロの大仏さん!
ここのお寺だったの??と


来た道を引き返して
本体を探しに行くと
すぐ近くにありました。





気の遠くなるような長い時間
思考して考えて修行したから
こんな頭になったらしい、と
お寺のHPで説明されています。


最高にファンキーですね。


奇しくも
今日は私が誕生した日でして


そんな日に
墓地に足を踏み入れるという
貴重な体験をしました。


ノープランの
足が赴くまま
気の向くままでしたが
誕生日に墓地。


我ながらおかしな人やなーと
思いますが


生から死まで
おはようからおやすみまで


自分の一生について
想いを巡らせるひと時を過ごしました。


ちょうどその時に
母親からメールで
お祝いしてもらい


特別なことはなくても
自分の誕生日には
産んでくれた母親のことを
思わずにはいられないので


色々感慨深く
なかなか一言では
言い表せませんね。


そして次は
リニューアルされた府立動物園へ。


連日の暑さのせいか
猿山の猿たちがバテてました。
くっついてて余計暑つそうにみえました。





懐かしい顔に会いました。





檻の中に量りがありました。





もの凄い背筋と大臀筋です。





カメラを構えたら目線くれました。





誕生日が近いひとがいました。





最近の檻は全部じゃないけど
ガラスなんですね。


これだと檻の外の音がシャットダウンできて
動物も静かに過ごせるのかな。


そう言えば昔
まだリニューアルする前に訪れた
子どもの私は


柵と檻の間にあった堀の水を
ゴリラにかけられたことがあります。


防音(?)のガラスもなく
ガヤガヤ騒がしくて
嫌だったのかもなと思いました。


毎年誕生日は
好きなことをすることに
決めてるんですが


今年は思いの外
面白い1日になりました。


ソーラーリターンも
太陽5室なので


面白い1年になりそうな
予感がした1日でした。


みなさまも
ご自身の誕生日は
好きなことをして
お過ごしくださいね◎






☆☆☆おしらせ☆☆☆

●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎



日曜クラス 6/12(日)スタート!



水曜クラス 6/15(水)スタート!





星語でしゃべるナイト☆



6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)





●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は

bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。

| シュフ ゆうこ | バヂル | 23:10 | comments(0) | - | pookmark |
ブラタモリ

こんにちは。
バヂルです。






連日暑い日が続いてますね。


クリームチーズで有名なkiriのアイスが
コンビニで売られているという情報を
つい先日仕入れました。


クリームチーズもアイスも
両方大好きなので


コンビニに寄る度に探してますが
いまだ見つけることができません。


ハーゲンダッツ華もちのように
幻のアイスになるのでしょうか・・・(涙)


さて、双子座月間です。
今日は「思考」について思うことを
書きたいと思います。


言葉を話始めた子どもを観てますと
みな自分の足で立って歩いてます。


私が出会ってないだけで
この広い世界を
探せばいるかもしれませんが


ハイハイしている子どもが
「うー」とか「あー」はあっても


言葉を話しているのは
そういえば観たことがありません。


双子座が「言語」や「手や腕」を表すのは
ハイハイから二足歩行できるようになって
両手が自由に使えるようになる
人間の成長段階を表しているのだろうと思います。


以前、ひとから
中世ヨーロッパの大学構内に
回廊が設計されてたのは


学生がその回廊を歩きながら
思索するためだという話を聞いた時は
妙に納得したのを覚えています。


というのも
私は考えに煮詰まった時


気分転換にと
外の空気に触れようと
近所をぶらぶら散歩してると


「あ!」と思いがけない
アイデアが湧く経験があったからです。


その経験から
歩くことと考えることは
とても近い場所にあるな、と。


とはいえ
回廊がぐるぐる円になっているように


あーでもない、こーでもないと
グルグル迷うのが思考のひとつの特徴でもあります。


私も例に漏れず
思考優位なのですが


ついこないだ
考え事をしながら
目的の駅に行こうと


ぼんやり歩いていたら
一本手前の道を間違えて
あやうく曲がりそうになったんですけど


一瞬、私の視界にうつった周りの映像が
目的地までの映像と「一致していない」ことに気づいて


「ああ、違う違う」と元行く道に戻り
最短で目的地の駅まで行くことができました。


その時、なるほどな〜と
面白く感じたのが


その時の私は
思考を使ってなかったけれど
(正確には別のことに使っていましたが)


五感(その時は視覚)が
その時の私の正解を
先にイメージしてて


そこに向かって
歩いていたんですね。


よしもとばななさんの
「体は全部知っている」という本の
タイトルじゃないですけど


身体はちゃんとわかってるんだなーと
不思議な安心感と非常に愉快な気持ちになり
ひとりニヤニヤしてました(笑)


じゃあ、体が全部知っているなら
思考は何のためにあるのでしょうか?


・・・この続きは
長くなったので次回にしたいと思います◎








☆☆☆おしらせ☆☆☆
●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎

日曜クラス 6/12(日)スタート!

水曜クラス 6/15(水)スタート!


星語でしゃべるナイト☆

6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)


●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は
bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。

 
| シュフ ゆうこ | バヂル | 23:20 | comments(0) | - | pookmark |
手を動かす

こんにちは。
バヂルです。





昨夜から太陽が双子座に移動しました。
双子座生まれの方、お誕生日おめでとうございます!
素敵なお誕生日をお過ごしください。


さて、双子座月間です。
双子座は「知識・情報」を司ります。


「知識・情報」の
インプット(理解)とアウトプット(表現)を
自分はどのようにしているのかを調べるのに


両手を組んでみて
右親指が下にくるか
左親指が下にくるか


両腕を組んでみて
右腕が下にくるか
左腕が下にくるか


その2つから
自分のタイプかわかる
簡単なテストがあります。


私が面白いなと感じたのは
このテストが
両手・両腕を使うとこです。


というのも、12サイン毎に
身体のパーツがあるのですが
双子座は手や腕だからです。


ひとと話してる時って
無意識に手や腕を動かしてませんか?
私も気づくとやってます。


また、学生時代のテスト勉強で
暗記ものは紙に何度も何度も
ぶつぶつ声に出しながら
書いて覚えました。


そうすると
身体が覚えてるといいますか
解答が映像として頭の中に浮かび


あとはそれをなぞるような感覚で
答案用紙に書いてました。


元々、学校の勉強に興味が持てず
一度読んだり見たり聞いたりしただけでは
覚えられない質(たち)だったので


手を動かして
身体(脳?)に覚えさせる勉強法しか
知らなかったのですが


大人になってから
新月のお願い事で有名な
アファメーションが
単純暗記と同じ原理だということを知り
とても腑に落ちました。


なので
月一回の新月の時だけじゃなくて
日頃からやった方が量を熟せて
実現するのが速くなると思います。


「思考は実現化する」のは
この原理が作用されているからかと。


もちろんアファメーションするだけではなく
他にも様々な要素がありますが。


でも難しいことではなく
普段からみなさんが何気なく
やってることなんですよね。


何回もチャレンジしているうちに
美味しく作れるようになったとかね。


興味・関心があることなら尚のこと
大切なのは口だけじゃなくて
手も動かすことだと思います◎







☆☆おしらせ☆☆☆

●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎



日曜クラス 6/12(日)スタート!



水曜クラス 6/15(水)スタート!





星語でしゃべるナイト☆



6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)





●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は

bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。


| シュフ ゆうこ | バヂル | 21:40 | comments(0) | - | pookmark |
My favorite things


こんにちは。
バヂルです。





牡牛座月間も
今年は残すところ1日とちょっとですね。


太陽牡牛座生まれの方
お誕生日おめでとうございます!(←遅っ)
今年はどんなお誕生日でしたでしょうか?


さて、牡牛座月間なので
今日は「私の好きなこと」について書きたいと思います。


牡牛座の支配星(ルーラー)である金星は
ご自身の好きなことを表します。


また、占星術では
太陽系の惑星にそれぞれ発達年齢域というものがありまして
金星の発達年齢域は15〜25歳くらいに当たります。


ちょうどそのくらいの年齢のときって
高校生、大学生、社会人2〜3年目くらいで


お洒落やお化粧に目覚めたり
彼氏/彼女ができて恋愛に目覚めたり
お酒や夜遊びを覚えたりと
人生の楽しみ方を学んで行くときですよね。


また人間には、快に近づき、
不快から遠ざかる性質がありますが
金星は「快(楽)」の部分に当たります。


私自身のことを言えば
お洋服屋さんに入ると
自分の好きなデザインが
ディスプレイされているところを
瞬時に捕らえて
猫まっしぐらな勢いで近づきます。


端から順番に見ていく、とか
一通り全部みる、とかないので
買い物が速い速い。


この速さは
私の金星の具合(アスペクト等)に
よるものですが


みなさんも自分が好きなものには
どんなアプローチにせよ
引き寄せられる様に近づいてると思います。


お酒が好きで
ひととの出会いが好きなひとは
行きつけのバーが何軒もあるだろうし


美味しいものが好きで
ひとと一緒に食べるのが好きなひとは
美味しいお店を沢山知っているだろうし


鉄道が好きで
写真が好きなひとは
てっちゃんになるだろうし


身体を動かすのが好きで
健康に関心が高いひとが
ヨガに興味をもったり


好きな相手を
もっと知りたい!とおもうように


魚好きのさかなクンが
世界中の魚を、もっと知りたい!とおもうように


引き寄せられると同時に
好きなものには「関心・興味」が湧くのは
極々自然な流れですよね。


自分の身体感覚で好きなこと(快)を感じるのは牡牛座で
その次に興味・関心の好奇心が湧くのは双子座だからなんですけど


「好きなこと」がわからない、というひとは
「感じる(牡牛座)」という自分の身体感覚をすっ飛ばして


「好きなこと」にするべき必要があるなんて
「頭/思考(双子座)」で考えてるからなのかもなぁーと。


身体感覚って、理屈抜きの本能的な部分で
思考よりも正直ですから


好きだと思ってたものが、なんか違うなーと思ったり
好きなのに、近づけないときは
一度自分の身体に聴いてみるといいかもしれませんね◎







☆☆☆おしらせ☆☆☆
●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎

日曜クラス 6/12(日)スタート!

水曜クラス 6/15(水)スタート!


星語でしゃべるナイト☆

6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)


●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は
bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。

 
| シュフ ゆうこ | バヂル | 01:33 | comments(0) | - | pookmark |
What a wonderful world

こんにちは。
バヂルです。





牡牛座月間ということで
今日は「私の身体」について書きたいと思います。


「形態は機能に従う(form follows function)」という
アメリカの建築家、ルイス・サリヴァンの言葉があります。


どういうことかというと
機能にふさわしい形態をとっている、ということなんですが


空を飛ぶために
鳥があのような形をしているわけで


水の中を泳ぐために
魚があのような形をしているわけで


使い方は形が教えてくれる、とも
言えると思います。


お店などで
椅子を買いに来たわけじゃないのに
思わず座りたくなる椅子をみかけて
ついつい腰掛けたこととかありませんか?


工業デザイナーの柳宗理さんのやかんなんて
お湯をわかす度にときめきます。


こういうことって動物や道具に限らず
人間にも同じことが言えると思うんです。


バレエを踊るための
身体能力をもって生まれた
シルヴィ・ギエムとか


歌うための
声をもって生まれた
永積タカシくんとか(←個人的好みです)


有名無名に限らず
人間ひとりひとりに


私を活かすために
もってうまれた「私のカタチ」が
すでにあるのだと思います。


沢山の選択肢があるなか
思わずやっていること
勝手に身体が動くこと
自然にそうなってしまうこと


思わずやっていることだから
「どうして?」ときかれても
「なんとなく」とか
「好きだから」としか言えないようなこと


ひとりひとりのDNAが全く違い
ひとりひとりの出生図が全く違い


似ているひとはいても
自分と100%同じひとは
この世に存在しないのは


生まれる前から
生まれた時から


私を活かす道が
私が進む道が


すでにDNAや出生図に
デザインされていて


知らず知らずのうちにも
選択しているうちにも
そちらの方向へ導かれていくことに


心底、この世は不思議に
満ちあふれているなぁと思う日々です◎







☆☆☆おしらせ☆☆☆
●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎

日曜クラス 6/12(日)スタート!

水曜クラス 6/15(水)スタート!


星語でしゃべるナイト☆

6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)


●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は
bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。

 
| シュフ ゆうこ | バヂル | 21:25 | comments(0) | - | pookmark |
必要なものは現地で調達できます。

こんにちは。
バヂルです。





今週火曜日に太陽と逆行中の水星が重なりました。


再検討中(水星逆行)であった
ご自身の考え(水星)が
太陽と重なることによって
意志(太陽)が決まるタイミング。


T木星乙女座も今週月曜から順行に戻り
今年1月から停滞していた日常が進みだし
希望がみえてきたのではないでしょうか。


8月までT土星が逆行してますから
具体的な形になるのは、もう少し先かもしれませんが


焦らずに丁寧にできることを
ひとつずつクリアしていきたいですね。


さて、牡牛座月間です。


何を書こうかなと
牛のことを考えてたら


ふと手に取った本の中に
面白いものをみつけました。


禅の悟りにいたる道筋を牛を主題とした十枚の絵で表した
「十牛図」(wikipediaに飛びます)。


悟りにいたるには
仏陀の様な聖人君子になるよう
仏門の世界に出家することだと思ってましたが


「本当の自分」を知ること、気づくこと、なのではないかと
現時点でそう捉えています。


まだまだ知らないことが沢山あるので
難しい話はよくわかりませんが
私が面白いなと感じたのは


禅の世界でも
「本当の自分」を知ろうと
探しに旅にでるというところです。


東洋西洋の世界中の神話や民話を研究し
人間の人生の普遍的な一連の流れを発見した
ジョセフ・キャンベルも
この十牛図を研究したかもしれませんね。


これまで外の世界に答えを求めていた自分に
「あれ?」と疑問をもつことが旅の始まりで


あれこれ紆余曲折しながらも
乗り越えてきた課題が


「本当の自分」と出会うために
必要な道程であったと気づいた時の
爽快感と清涼感は格別な味わいだと思います。


例えるなら、仕事の後にのむ
一口目のビールのようなものでしょうか???
のまないからわからないのですが。


そんな私にとっては
先人が自ら経験し歩いてきた足跡が
書かれた本を読むことが
その役割を担ってくれていると思います。


今も昔も
どの国も文化でも


現在と同じ様なことに
悩み、葛藤していることに
おかしみを感じると同時に


ひとりではないことに
安堵と心強さも感じるからです。


本を読んでも
お腹がふくれるわけじゃないのに


ずっとこの世界から
紙の本が消えないのは


「知らないことを知りたい」という
お腹じゃないところを
満たしたいという欲求が
あるからだろうなぁと思うので


「あれれ?」と自分に疑問が湧くということは
冒険の旅にでる準備が整った合図かと。


必要なものは現地で手に入るので
身ひとつで、いってらっしゃいませー◎












☆☆☆おしらせ☆☆☆
●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎

日曜クラス 6/12(日)スタート!

水曜クラス 6/15(水)スタート!


星語でしゃべるナイト☆

6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)


●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は
bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。

 
| シュフ ゆうこ | バヂル | 01:19 | comments(0) | - | pookmark |
身体がみる夢

こんにちは。
バヂルです。


iPhoneImage.png


GWが始まりましたね。
時同じくして4/29から
水星が逆行を始めました。


水星逆行起こりうる出来事は
色々ありますが


まとまったお休みを利用して
懐かしいひとに会いに
足を運んでみるのもいいですね。


ちなみに5/22まで続きますよー。


さて、牡牛座での水星逆行と牡牛座月間ということで
「身体感覚(牡牛座)を言語化(水星)する」について書いていきたいと思います。


身体感覚を言語化する技術に
「フォーカシング」というのがあります。


例えば
喉につまりを感じるひとは
そのつまりを感じる身体の部分に
集中(フォーカス)して
ただ感じてみるんですね。


で、感じながら
今度はその身体の部分に


「あなたはだあれ?」
「どこから来たの?」
「いつからいるの?」
「なんのためにいるの?」


などなど
いくつか質問をしていきます。


そうしますと
あら不思議。
身体が話し始めます。


個人差があるので
小さい頃の自分が
でてくるひともいれば


石とか鎖とか鋏とか蛇とか
道具や生物などで
その身体感覚を
象徴化したものがでてきたりもします。


このフォーカシングは
「身体がみる夢」なんて言われてますから


時に自分でもビックリするようなものがでてきます。
河童とか子泣き爺とか水木しげるの世界で(←私です)
全くもって支離滅裂ですが


そこは気にしないで感じるままを
まずは言葉にしてみてください。


感じている時は
理論整然に理解しようとしなくていいです。


まあ睡眠時にみる夢もそうですよね。
芸能人がでてきたり、空飛んでたり。


私は何かイライラモヤモヤするんだけど
そう感じる理由がわからない時にやります。


本物の怒りや悲しみなら
その都度だしていればスッキリしますから


だしてるつもりなのに、どうもスッキリしないひとや
元々ネガティブな感情が感じない様にしているひと、
だせないひとにオススメです。


村上春樹さんが
ご自身の創作活動の際に


自分の内側にある想いを言葉にするために
「深いところに降りていく」という風に
表現されていらっしゃいましたが


作家に限らず誰でも無意識に
普段から身体感覚を言語化してるんじゃないでしょうか。


「笑っていいとも!」のタモリさんが
グランドフィナーレでご自身のことを


「濡れたシメジみたいな感じ。嫌ーな、ヌメーっとした感じで・・・」と
最後に仰ってて、タモリさんらしい良い表現だなと思いました。


些細な出来事や状況を話すよりも
自分がどう感じているかと気持ちを表現する方が
自分にも相手に伝わるんじゃないかなーと思います。


ちょうど牡牛座で水星が逆行をしてますし
身体(内側)にある想いを感じてみて
言葉にしてみるのも面白いと思います◎








☆☆☆おしらせ☆☆☆
●超わかりやすい西洋占星術講座☆レベル2基礎

日曜クラス 6/12(日)スタート!

水曜クラス 6/15(水)スタート!


星語でしゃべるナイト☆

5/8(日)・6/12(日)・7/10(日)・8/21(日)


●個人レッスン・個人鑑定のお問合せは&ご予約は
bazilastrology☆gmail.com(☆を@に変更してご送信ください)までお願いいたします。


 
| シュフ ゆうこ | バヂル | 00:37 | comments(0) | - | pookmark |
| | |









iPhoneImage.png
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE